メイン >> フォト日記  サーキット 

D1グランプリ2006

D1グランプリがついに鈴鹿サーキットで開催された。

舞台はダンロップコーナーから逆バンクを通りS字へ抜けるコース。つまり通常のレースの逆走である。このアイデアはドリキン圭市氏が現役時代にここを走りながら閃いたそうだ。

長年掛けて鈴鹿サーキット側に働きかけ、今年ついに実現。

初開催ということもあってか、ドピカンの日照りの中に関わらず観戦客で“土手”は溢れかえっていた。その様子はまるで「F1」の決勝レース日のようである。

今回の撮影装備は昨夜の時点での天気予報が「雨」だったこともあり、雨でもヘッチャラ装備で出撃したのだが、これが完璧に裏目に出て大はずれのドピカン晴れである。カッパと傘、大きいビニール袋、それとバスタオル、E-1を使うことから一脚も持参という大げさな荷物がすべてムダになった。

撮影機材: OLYMPUS E-1 + ZD50-200mm

まずは練習走行からツインドリフト。
D1グランプリ
D1グランプリ

S字コーナー側へ移動して“流し撮り”をしてみた。
D1グランプリ
D1グランプリ

1回戦はシード選手から出場。いきなりド派手なドリフトで会場を沸かす。

D1グランプリ
熊久保信重 選手

D1グランプリ
野村謙 選手

D1グランプリ
風間靖幸 選手

D1グランプリ
川畑真人 選手

D1グランプリ
植尾勝浩 選手

D1グランプリ
末永正雄 選手

D1グランプリ
吉岡稔記 選手

D1グランプリ
田中一弘 選手

D1グランプリ
佐久間達也 選手

D1グランプリ
林渡 選手

シルビアが一番カッチョ良いと思った。実にドリフトが似合う。
頭文字Dで大活躍のハチロクも今となってはズングリムックリした古臭い車にしか見えない。
GT-Rのドハデ差はスゴイけどやっぱりドリフトは似合わないような気がした。

来年、もし涼しい時期に開催されたら「決勝トーナメント」も観戦したい。

優勝おめでとう!! 平岡英郎 選手
D1グランプリ


D1グランプリ 動画編

撮影機材: Panasonic DMC-TZ1

D1グランプリ

動画の方がド迫力ドリフトの臨場感が伝わるでしょうか。

3 風間靖幸 S15(青)
4 川畑真人 S15(水色)
5 植尾勝浩 AE86(クリーム)
6 末永正雄 FD3S(水色)
7 吉岡稔記 AE86(青)
8 田中一弘 GDB(オレンジ)
9 佐久間達也 S15(銀)
10 林渡 AE86(赤)

動画の配信は終了しました。

11 黒井敦史 PS13(黄)
12 平岡英郎 S15(白)
13 手塚強 BNR32(黄)
14 斉藤太吾 JZX90(赤)
15 春山隆 C35(青)
16 上野高広 JZZ30(赤)
19 猪瀬徹 S15(白/赤)
20 小師賢作 AE86(黄)

動画の配信は終了しました。

※コメントなどはツイッターでお願いします(遠征先からもつぶやいています)

一つ前のエントリーは「SONYは“過去の遺産”に責任を持つべき」です。
次のエントリーは「防塵・防滴ボディ「PENTAX K10D」登場」です。


人気ブログランキングへ  オヤジ日記ブログ
同じカテゴリー内の最新記事10件

About

アクセスランキングリスト 1000PV

過去3か月間の人気記事ランキング

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページアクセスランキングリストもご覧ください。

(ご注意)この日記は“9代目”の「きまぐれ日記」です。テンプレートなども新しく用意したため、過去のMovableTypeに関するエントリーの内容と多少の変更点があります。ご了承ください。

写真館 : 青空写楽
自転車 : ミニベロおやじ
趣味以外の過去の日記
Webサイトの制作と運用など
映画やドラマの感想

閲覧数: 1330


撮影サイクリング用に「OLYMPUS PEN E-PL7」を購入しました。
ロングライド用に「STYLUS TG-850 Tough」を購入しました。
観光サイクリング用に「CANON PowerShot G9X」を購入しました。

月別アーカイブ