メイン >> フォト日記  花・鳥・風景・風物詩 

デンパークのクリスマス2007

クリスマス時期になると夕方からは激混み状態でとても撮影ができる雰囲気ではないため、早い時期にイルミの撮影は済ませておいて、今日は昼間の空いている時間帯で飾りつけを撮影してきた。

クリスマスバージョンのデンパーク

オリンパスのE-3は強力な手振れ補正を装備しているため、屋内も手持ち撮影で大丈夫ですが、今回はAFピント精度のチェックを兼ねているため、三脚を使用して構図もじっくり考えて撮影していたらあっと言う間に1時間30分も経過していた。それほど広くないデンパークの「フローラルプレイス」は普通に見て回ったら10分程度だけど…

デンパークは年間通して必ず何か被写体があり、カメラのテストをするのにとても助かります。年明けには「正月バージョン」に模様替えされるのでそれも楽しみ。


以下は本日の撮影レポートです。

「E-3」のピントチェックを兼ねてデンパークのフローラルプレイスの飾りつけを撮影。

デンパークのクリスマス2007

イルミネーションを目的に訪問者が大勢押しかける時期ですが、その反動か昼間は非常に空いています。その空いている時間帯ならば三脚を使っても迷惑にならないでしょう。

※サムネイルをクリックすると別ウインドウで大きい写真が表示されます

2007デンパークのクリスマス(1)
ZD14-54mmワイド端
2007デンパークのクリスマス(2)
ZD14-54mmテレ端
2007デンパークのクリスマス(3)
LEICA D 25mm

2007デンパークのクリスマス(4)
LEICA D 25mm
2007デンパークのクリスマス(5)
ZD50-200mmワイド端
2007デンパークのクリスマス(6)
ZD50-200mmワイド端

2007デンパークのクリスマス(7)
ZD50-200mmテレ端
2007デンパークのクリスマス(8)
ZD50-200mmテレ端

11点の測距点、ツインクロスセンサーの威力は絶大なのか、静物相手なら快適そのもの。ZD14-54mm、ZD50-200mmともに特に問題は無かった。掲載した写真は全てAFで撮影したものですが、明らかにAFが苦手とする小さい花を撮影する場合のみMFを使用してみたところ、ファインダーがとても見やすくMFで難なく撮影が可能だった。

デンパークのクリスマス2007

デンパークのクリスマス2007

デンパークのクリスマス2007

デンパークのクリスマス2007

デンパークのクリスマス2007

強力な手振れ補正があれば三脚の必要もなくなり、とても軽快に撮影ができるのだが、その反面「フレーミング」が適当になってしまうような気がする。三脚を使うと手間が掛かるが、手間が掛かるついでに慎重にフレーミングをしていることを撮影しながら気が付いた。ネイチャー系のカメラマンさんたちは、十分にシャッター速度が稼げる状態でも三脚を使うのはそんな理由からなのか?

※コメントなどはツイッターでお願いします(遠征先からもつぶやいています)

一つ前のエントリーは「「PM-970C」が壊れた?」です。
次のエントリーは「カメラ雑誌1月号」です。


人気ブログランキングへ  オヤジ日記ブログ
同じカテゴリー内の最新記事10件

About

アクセスランキングリスト 1000PV

過去3か月間の人気記事ランキング

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページアクセスランキングリストもご覧ください。

(ご注意)この日記は“9代目”の「きまぐれ日記」です。テンプレートなども新しく用意したため、過去のMovableTypeに関するエントリーの内容と多少の変更点があります。ご了承ください。

写真館 : 青空写楽
自転車 : ミニベロおやじ
趣味以外の過去の日記
Webサイトの制作と運用など
映画やドラマの感想

閲覧数: 1130


撮影サイクリング用に「OLYMPUS PEN E-PL7」を購入しました。
ロングライド用に「STYLUS TG-850 Tough」を購入しました。
観光サイクリング用に「CANON PowerShot G9X」を購入しました。

月別アーカイブ