メイン >> 自転車 

貧血は改善されたのか?

毎年恒例の4月の献血で「貧血気味」とかでNGをくらい、人間ドックでも再び「貧血気味」の判定。高負荷の運動をしすぎると「貧血」になるようです。

赤血球数(RBC)
→赤血球は血液の主な細胞成分で、酸素を肺から各組織へ運ぶ働きを持っています。

ヘモグロビン濃度(Hb)
→血液の赤い色は赤血球に含まれるヘモグロビン(血色素)によるもので、赤血球の働きの中心となっています。

心肺機能を使って走る場合は「赤血球」が非常に重要になるため、人間ドックを受診した後から鉄のサプリを摂取してきて、「貧血」が改善されたなら「年に一度の献血」を今年もやっておきたいと考えていました。毎年欠かさずにやってきただけに…

そろそろ年末というタイミングで「献血依頼」のハガキが届いたため、近場の献血会場へ出向いて、今回はNGを食らうことなく献血完了。しかし、ヒルクライムシーズン終了後はサプリを摂取するのをサボっていたため、「血球計数検査」がどのような数値を示すのか少し不安でした。

先日、検査結果が届いたので、さっそく過去のデータと比較してみると…

血球計数検査
 2009年4月2010年4月2011年5月2011年12月標準値
赤血球数542474458451425~570
ヘモグロビン濃度15.313.613.313.213.3~17.4
ヘマトクリット値47.842.941.240.739.0~50.4
平均赤血球容積88.290.59090.280.0~100.0
平均赤血球ヘモグロビン量28.228.72929.326.0~34.0
平均赤血球ヘモグロビン濃度32.031.73232.432.0~36.0
白血球数7959365035~100
血小板数22.724.721.325.214.0~38.0

ヘモグロビン濃度は全く改善されていません。この数値が低いと献血をすることができなかったり、「貧血」と判定されたりします。

しかし、「赤血球数」「平均赤血球ヘモグロビン量」「平均赤血球ヘモグロビン濃度」については、もともと標準値に収まっています。不思議なことに「白血球数」と「血小板数」の値については約2年前の数値に戻っています。

もしかしたら、「一時的な体重の増減は水分量の違いによるもの」と同じで、単純に水分量が多いために「ヘモグロビン濃度」が低くなっているのかもしれません。あくまでも“濃度”ですから…

関連エントリー
・2011年4月22日 高負荷の運動を続けると貧血になる
・2011年5月7日 血が足りない
・2011年12月12日 貧血は改善されたのか?

写楽の自転車ダイエット」に戻る

※コメントなどはツイッターでお願いします(遠征先からもつぶやいています)

一つ前のエントリーは「大分遠征は寒さとの闘いでした」です。
次のエントリーは「3本ローラーを購入&初乗り」です。


人気ブログランキングへ  オヤジ日記ブログ
同じカテゴリー内の最新記事10件

About

アクセスランキングリスト 1000PV

過去3か月間の人気記事ランキング

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページアクセスランキングリストもご覧ください。

(ご注意)この日記は“9代目”の「きまぐれ日記」です。テンプレートなども新しく用意したため、過去のMovableTypeに関するエントリーの内容と多少の変更点があります。ご了承ください。

写真館 : 青空写楽
自転車 : ミニベロおやじ
趣味以外の過去の日記
Webサイトの制作と運用など
映画やドラマの感想

閲覧数: 1080


撮影サイクリング用に「OLYMPUS PEN E-PL7」を購入しました。
ロングライド用に「STYLUS TG-850 Tough」を購入しました。
観光サイクリング用に「CANON PowerShot G9X」を購入しました。

月別アーカイブ