パラメータ付きのURL

会社のサイトの1月度のログを集計。アクセス数増加を期待していたが…

やはり、Yahooからのアクセスが激減している状態(下降が止まらない)では期待するだけムダというものか。反面、googleからのアクセスは順調に伸びているため、結果的には12月度のアクセス数と殆ど同じであった。

………

msnで検索してみたら妙なことに気が付いた。

文字拡大のために「index.php?f=big(仮)」とか「index.php?f=normal(仮)」のようにパラメータを渡すようにしているが、msnには「index.php」と「index.php?f=big」(または「index.php?f=normal」)の両方がインデックスされている。もしも、「index.php」と「index.php?f=big」が別ページ扱いされているとしたら、「似たようなページがある」と判定されている可能性があり、SEO的には不利に働いていそう。

どう対策したらいいのやら…

早い話「パラメータ付きのURL」がインデックスされなければいいのでは?

ということで以下のような細工を付け加えた。

if ($f == “normal” || $f == “big”){
print ‘ <meta name=”robots” content=”noindex,nofollow” />’ . “\n”;
}




関連エントリー