正しいアクセス数って

この「混沌戯言」に設置してあるカウンタは、毎日200から300カウントアップされている。

これは単純なページビューではなく、同一IPからの連続アクセスを取り除いたものである。

昨年の8月からの平均アクセス数は約250件/日となるのだが…

連続アクセスを取り除いたとしても別のIPから交互にアクセスされた場合はカウントされてしまうため、大目に見ても200件だろうか。

ローカルな日記ブログとしてはアクセス数が結構多いように思えるのだが、生ログを調べてみると正規のアクセス数はむちゃくちゃ少ないことが分かる。

何をいまさらそんなことをという話だが、では一般的にはどのくらいのアクセス数が妥当なのかと調べてみると、50件とか100件というのが相場らしい。(マイナーな日記ブログの場合は)

中にはアクセス数が非常に多いことを自己申告している人もいるが、ブログの内容とその数字が釣り合っていないような…

たぶん、レンタルサーバのおまけのアクセス解析ツールで判断しているとか、フリーのカウンタを使っているとか、「Google Analytics」の数字を信用しきっているとか、ともかく生ログを真剣に解析していないのだろう。

それと「ユニーク訪問者数」の定義が曖昧なものも結構見かけるので、「世間の相場」って案外分からないものです。

結局のところ、きっちりとフィルタリングした数値で推移を追っていくしかないのかも。(隣の芝生は気にしない?)

とりあえずsakuraのサーバが提供している「フリーの解析ソフト(Webalizer)による解析」というものは当てにならないが結論。

一年前に比べてアクセス数が2倍になっているなんて喜ばず、そのアクセスがどういうものなのかを知れば愕然とするハズ。




関連エントリー