「スパイウエア対策ソフト」と「新ウイルス除去ツール」

Microsoft,スパイウエア対策ソフトのベータ版を公開
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NT/NEWS/20050106/3/

米Microsoftがスパイウエア対策ソフトのベータ版を提供開始,新ウイルス除去ツールも発表
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/USNEWS/20050107/154507/

ようやくMicrosoft側で対応してくれるみたいです。といっても独自の技術を持っていないわけですから、従来どおり買収で手に入れたということみたいですが、何はともあれ「標準品」となるソフトが提供されるということは良いことです。でも、MS-OFFICEとの抱き合わせ販売(というよりはセット品)になりそうな予感がする。そもそも「スパイウエア対策ソフト」や「新ウイルス除去ツール」という部類のものはOSの標準添付品にしてほしいものです。

さっそく「スパイウエア対策ソフト」を試してみたところ「めちゃめちゃ遅い」というのが第一印象。検索にやたらと時間が掛かるみたいです。とりあえず最初にフルチェックをしておけば、後は「常駐監視機能」でブロックしてくれる雰囲気。正しく機能しているのかどうかはまだ分かりませんが(ベータ版だからね)。




関連エントリー