「かきつばた」vs「花しょうぶ」

一般参加が可能となっている“ミスかきつばた”をモデルとした5月の「かきつばた撮影会」と6月の「花しょうぶ撮影会」、さてどちらの関心度が高いのでしょうか。

調べるまでも無く有名な「カキツバタ」に関連する「かきつばた撮影会」が圧勝ですが、データとして実数が気になったので、メインのサイトで調べてみました。

タイトルに「かきつばた」を含むページのページビュー数
ページビュー数

キーワードに「かきつばた」を含む検索回数
検索回数

5月の「かきつばた撮影会」の開催日と翌日のアクセス数が多く、6月の「花しょうぶ撮影会」は意外にも伸びませんでした。そもそも「花しょうぶ撮影会」って参加者以外に知られているのでしょうか…

“ミス七夕”のように“ミスかきつばた”の撮影機会をもっと増やして欲しいですね。知立市だけではなく、刈谷市と碧南市も協賛するとかして、その3市の「○○○撮影会」には「ミスかきつばた」がモデルを務めてくれると嬉しいです。そうすれば「中○写真○会」とのゴタゴタも無くなるでしょう。

各市の観光撮影会には地元のミス○○がモデルを務めるというルールになりませんかね。最近は実名云々で問題になることがあるので、モデルネームを用意してそれを使うというのはどうでしょうか。




関連エントリー