慎重に「アクセス数向上」に取り組まなければ…

2007年5月10日から6月6日のページビュー数トップ20は…
(アクセスされたエントリーの数は“314”)

  • 人間の12ヶ月点検?  2007年05年22日
  • 自転車の二人乗りを取り締まるべき  2006年08年21日
  • D1グランプリ 鈴鹿  2007年05年27日
  • K7SENTRY.SYSって  2007年05年14日
  • 猛暑の中のD1グランプリ  2006年09年10日
  • フォーサーズマウントアダプター  2004年08年11日
  • なんじゃこりゃ~  2007年05年02日
  • 「WCAG 2.0リファレンス」はできあがるのか  2006年07年12日
  • 「PENTAX K10D」登場  2006年09年14日
  • 5月23日のインデックス更新で  2007年05年26日
  • 「巨人vs中日」を観戦  2007年05年19日
  • スピードライト220EX  2006年12年27日
  • 散髪、任意保険、バラ園、電話機、そして…  2007年06年03日
  • MovableTypeが重い  2005年12年20日
  • メジャー第4部?  2007年05年09日
  • 原付バイクに当て逃げされた!  2006年09年05日
  • 今更ですが「Google AJAX Feed API」を…  2007年06年05日
  • CSSで画像切り替え  2006年09年22日(削除)
  • Refererによるアクセス制限は…  2007年05年11日
  • 亀山モデル  2006年09年18日

その期間に書いたエントリーへのページビュー数の割合は“31.1%”。つまり、5月10日よりも前に書かれたエントリーにアクセスされた割合が約2/3である。(こういうのも“ロングテール”というのか)

これは何を示しているのかといえば、最近のエントリーが読まれる割合よりも過去のエントリーが読まれる割合が多いということである。

この『混沌戯言』が検索サイト経由でアクセスされることが圧倒的に多いため、過去のエントリーがより多く読まれるのは宿命である。

これを踏まえて慎重に「アクセス数向上」に取り組まなければ「アクセス数減少」に成りかねない。

というのも、ブログを年明けに「引越し」して4ヶ月間欠かさずに更新してもアクセス数が伸びず、4月末日で「出戻り」したが、それでもアクセス数が伸びず、結果として「アクセス数減少」に陥ってしまったという事実に直面したからである。

よくよく調べてみると、引越し先でのアクセス数が引っ越し前の約2/3程度あり、引越した後も旧ページのアクセス数は約2/3程度有ったわけで、単純に足せば約4/3であり、結果的に約33%増加ということになっていた。ところが新ページのアクセス数が思ったよりも増えないことに落胆して旧ページへ戻ったことで新ページ分の約2/3がまるまる無くなった状態。そして5月の一ヶ月間掛けてようやく元のアクセス数に戻ったが、結局のところ5ヶ月間の「アクセス数向上」の取り組みは何の役にも立っていない。

まぁ、こういう失敗も次への挑戦の糧になるわけで、新たなる実験に取り組み中。

(補足)このエントリーは「AD1964オヤジの日記『哀楽ウェブ』」には転記しません。


記事本文とは無関係な広告がやたらと表示される。その対処策は………これだった。
セクション ターゲットとは何ですか。また、実装方法を教えてください。




関連エントリー