3個の分家の中で

「青空写楽」の3個の分家であるが…

「癒しの華たち」は着実にアクセス数が増加していて本家に迫る勢いである。サイトの“位置づけ”が分かりやすいというのが成功要因だろう。

「撮影会の花と華」は短期集中であるがそこそこアクセス数を稼いでいる。イベント性が高いため増減が激しいのは想定内である。

「鈴鹿サーキットで写真道楽」は予想に反して全くアクセス数が伸びてこない。“位置づけ”があまりにも分かりやすいため、あまり手を加えてこなかったということもあるが、検索順位すら期待したほど上がってこない。

検索順位 Google

「癒しの華たち」に関してはこのまま安定するであろう。「撮影会の花と華」に関してはもともと“大きい写真”を掲載することが目的であるためこのままでいい。さて「鈴鹿サーキットで写真道楽」をどうするかであるが…

コンテンツの更新頻度を上げて、SEO対策をもう少しまともにやって、それからそれから…

と思ったが、ムキになってやる理由が全く無いことに気がついた。「癒しの華たち」で“あることに関する勉強”を十分にすることができたので、それと同等のことを「鈴鹿サーキットで写真道楽」でやる必要は無い。

だからといって“大きい写真”を掲載する場所として利用するだけというのも面白くない。

ならばどうするのかであるが…

「独自ドメインはSEO的に有利なのか?」

安易に本家の「青空写楽」を移転させてしまうとYahoo!検索経由での訪問者数が爆減してしまうため、独自ドメインを使った実験を始めるタイミングが難しかった。

だったら、もともとアクセス数が殆どない「鈴鹿サーキットで写真道楽」を独自ドメインで運営させてみようじゃないか。

ということで「鈴鹿サーキットで写真道楽」を移設させた。(新チャレンジのスタートでもある)




関連エントリー