ブログ日記の欠点?

ある日突然アクセス数が急激に増え、数日経つと元に戻る。それが特定のページのみに起きた現象だとしたら、どこかの掲示板に「ここでこんなことを言っているやつがいる」と張られている可能性が高い。まあそれでも読んでもらえるのだから良しとするかと思えなくはない。しかしである…

「日記」の場合は、ある事柄について何日かに分けて書くことが多く、それらを全て読んだ上であーだこーだ言われるのなら仕方が無いと思うが、一部だけを取り上げて批判されると「こいつは最後まで読んでから文句を言え」と言いたくなる。この話には続きがあることが分かるように「関連エントリー」の一覧を設置してあるのにも関わらずそれらを読まないようだ。冷静に関連エントリーを含めて読んでくれる人もいて、掲示板には「その話には続きがあるようだが、最後まで読んだのか」のようなことを書いてくれて収拾される。ネタとして掲示板に書き込む人というのは大概“一部”のみ読んで、ピンポイントで指摘しているだけのこと。

この辺が「ブログ日記」の「個別エントリー」の欠点ではないのかと最近つくづく思う。今回の件は、1ページで完結するように「関連エントリー」を全て集めて、移動しておいた。




関連エントリー