「自然なアクセス」というものが大切

昨日の続きです。

「不自然なアクセス」に対して「自然なアクセス」とはどういうものなのか?

ちょうどタイミング良く、良い事例があります。

2月末から公募が始まり4月20日に実施された「ミスかきつばた コンテスト」に上手く連動することができた「ミスかきつばた」のページです。

「ミスかきつばた」関連の検索回数
検索回数

「ミスかきつばた」関連のページビュー数
ページビュー数

“季節ものサイト”というものは地区のイベントに連動してこそ価値があるもので、見てもらいたいときに見てもらえなければサイトの存在意義はありません。

つまり、見てもらいたいときに見てもらうためにはどうしたらいいのかがサイト運営における一番重要な課題であるわけで、世間の関心事を検索キーワードと閲覧されたページから目星を付け、新聞やテレビ番組などで取り上げられる「旬ネタ」との関連性をチェックする必要があります。

よって、「自然なアクセス」というものが非常に大切になってくるわけです。




関連エントリー