「Flash Professional 8(試用版)」を使ってみる

昨日の続きで今日も動画配信と格闘。

個人サイトで動画配信するのならば「FlowPlayer.swf」で十分だが、会社のサイトでとなるとそうはいかん。

まずは1回余分にクリックする必要がある点がNG、そしてライセンスがどうなっているのかイマイチわからん。

そこで「FlowPlayer.swf」の代わりになりそうなものが次のページに書かれていたので試してみた。

Kenのムービー計画 Flash Video PlayerでFLVをWeb配信
http://www.katch.ne.jp/~kakonacl/douga/ffmpegx/flv_player.html

「Flash Video Player」はデザイン的にも良く、1クリックで即再生されるため使い勝手も良い。

これに決めた!

といきたいところだが、ライセンスに「商用利用の場合は…」という注意書きがあり、ユーロでいくらか支払う必要がある。

会社のサイトでも制限無く使っても問題が無いものはないのか…

「Flash MX 2004」で作ることができるらしい…

手元にある「Flash MX 2004」で試してみるがチト無理ポイ。そもそも「Flash MX 2004」を使ったことがないのでさっぱり分からん。

Kenのムービー計画 FLV 配信用のHTML記述方法
http://www.katch.ne.jp/~kakonacl/douga/flashvideo/html_kijutu.html

なるほど〜「Flash Professional 8」で「FlowPlayer.swf」や「Flash Video Player」みたいなものを簡単に作れるらしい。

ここで某氏の用事でボスの部屋へ…

話の流れで「動画配信を今後やっていく」ことに了承してもらえた。

となれば、遠慮なく「Flash Professional 8」を購入できる。

「Flash Professional 8」があれば作れることを証明するために「Flash Professional 8(試用版)」をダウンロードして「FLV 配信用のHTML記述方法」を試してみるが、「Flash MX 2004」すら今日初めていじくったレベルであるため「Flash Professional 8」そのものの操作方法がさっぱり分からん。

きっと、分かっている人にとっては3分程度の作業内容かもしれないが、「Flash Professional 8」と1時間ほど格闘してなんとか完成。

さっそくサーバにアップして動作確認してみると………自前の動画配信ができた。




関連エントリー