独自ドメインを取得

次期「青空写楽」のためにサーバの契約とドメイン取得の件。

昨夜の日記を書いた後に少しばかり格闘したところ、なんとかなった。めでたく、ほぼ希望通りの独自ドメインを取得でき、そのドメインでサーバも使えるようになった。

今回借りたサーバは、どうやら「詳しい人向け」のレンタルサーバのようで、「契約をして設定をして利用開始」という手順が詳しく書かれていない。ヘルプなどに書いてある説明文も「それは何を示しているのか」がイマイチ理解できない。

まあなんとかなるだろうと適当にやったら上手くいったが、初心者さんには非常に難易度が高いかもしれない。(ドメイン取得からサーバ契約、そしてそれを使えるようにするまでの手順)

そもそもこの難易度が高いところを選んだ理由は………独自ドメインにある。

安易にドメインを取得してしまうと「個人情報」が世界に公開されてしまうのである。何年か前に「公開されてしまうこと」を知らずに取得してしまったことがあり、数ヵ月後にいたずら電話が掛かってきたことがあったりして嫌な思いをした。

昨日、独自ドメインを「個人情報が公開されない」という条件で取得する方法を調べてみたところ、何箇所か見つかった。サーバとセットで借りる場合の条件(容量、金額、サービス内容etc)などを検討している中、何気なく同僚に「そういえば○○○○を使っているんだよね」と聞いたところ「○○○○はやめました。□□□□を使っています。」と返事された。「□□□□でブログを書いている人って妙に詳しい人が多いよね」と聞いてみると「そうなんですよね。何故でしょうね。」と使っている本人も分からない模様。「□□□□ってどうなの」と聞くと「えっとですね。借りるときに苦労しました。どうしたらいいのか分かりにくくて」と不安になる返事。

まっ、独自ドメインの取得費用が格安で、個人情報も公開されないし、レンタルスペースも多くて、レンタル代も格安となればダメ元でやってみるしかないでしょ。

とやってみたのが今回借りたサーバであるが、同僚が言うように手続きが非常に分かりにくかった。書いてあることを何度も読み直し「理解する」ことが必須。書いてあることをやればOKという雰囲気ではない。こういう難関を突破する必要があるため「□□□□」のユーザには「詳しい人」の割合が多いのかも。

今日は新しいトップページを作成した。今のところ、独自ドメイン用のトップページだけしかない状態。




関連エントリー