中国で販売しようとすると…

先日、某海外営業部の責任者から「どう対応したら良いのでしょうか」メールが届いた。

内容を要約すると、中国のレジストラーからの「中国の某会社からドメインの申請が出ているが、それはおたくの会社の商標と同じものだ。連絡くれ。」という“親切な連絡”らしいのだが…

中国のネットの事情はよく分かりませんが、今となっては“ドメイン”はそれほど重要ではないので、海外営業部として判断すれば良いのでは? と適当に返事しておいたところ、某氏から「それって詐欺では?」とメールが来た。

“親切な連絡”メールに書かれている電話番号で検索すると英文で書かれたやりとりがいくつか出てきたが、どうやら「高額な手数料を請求するための新手の商売」らしい。もともと申請など出ていないのに、「申請されたゾ」と連絡することで慌てて「どうにかしてくれ」と返事をしてきた企業に対して高額な手数料を請求するとのこと。

中国の市場に進出しようと検討している企業に対して片っ端から“親切な連絡”メールを送りつけているのかも。

『お名前.com』を見たところ「.cn」と「.tw」については取得できることが分かったため、必要ならば申請してくれと某責任者には連絡しておいた。

「ドメイン 詐欺 中国」で検索してみた。
→ MediaCraft Labs: これは上手いドメイン詐欺かも
→ 井口加奈子の日記 国際ドメイン名詐欺




関連エントリー