検索順位をポイント換算してみると

設定キーワード30個の日々の検索順位をデータ化して眺めてみると結構面白いものです。

全てのキーワードが一様に上下するわけではなく、「このキーワードは上がったのに、このキーワードは下がった」とバラつきが結構あります。

メジャーなキーワードAについては常に5位以内、Bについては10位以内をキープさせていて、これさえ上位にあれば安泰なのかと言うと全くそのようなことはありません。先日のSEO業者はこのことを理解していないようだ。

早い話、メジャーとかマイナーとか関係なく「全体的にどうなんだ」が問題。

「このキーワードで上位なのに何故アクセス数が伸びない」と疑問に感じるのは、各キーワードの日々の変動をみているだけで、それは単に「木を見て森を見ず」状態であるから。

で、「全体」を見るためにはどうしたらいいのか考えてみた。

「順位をポイント付けする」

仮に次のように設定して
1位 → 10点
2位、3位 → 8点
4位、5位 → 6点
6位~10位 → 5点
11位~20位 → 3点
21位~30位 → 2点
31位~99位 → 1点
会社のサイトの状況をグラフにしてみた。(合計ポイント/30)

ポイント換算

5点以上あれば平均して10位以内に入っているため、アクセス数を期待できるハズ。

このグラフとアクセス数の推移グラフをマッチングさせてみると見事に連動していた。結局のところメジャーなキーワードで上位になっているとしても、サイトが全体的に検索されやすい状態になっていなければアクセス数はそれほど伸びてこないということ。




関連エントリー