Google検索のブログの扱いが…

1年ほど前にYahoo!検索からの評価が下がった“ブログ”ですが、最近のGoogle検索もその傾向が見られます。その最近がいつからなのか分かりませんが、妙に気になります。メジャーどころのブログならば「そんなことは無い!」と否定されそうですが…(それと“ブログ”でよく扱われるキーワードは除外です)

内容は別として仕組みも見た目も“ブログ”であるものと、従来のWebサイト(という呼び名も変ですが)を比較すると後者のほうが上位に並んでいる割合が高いです。

Google検索の10件表示で検索してみると10位のすぐに下に「○○○に関するブログ記事」の欄があり、そこに3つだけ“ブログ”が表示されます。ここに表示されたブログならばそのキーワードでアクセスされる可能性は高いでしょうが、1位から30位までには“ブログ”が僅かしか現れません。旬ネタに関しては数日間のみ“ブログ”が突然上位に現れますが、旬が過ぎれば元のサイトが戻ってきます。

試しに「スーパーGT」で検索してみると…

1.SUPERGT.net | SUPER GT OFFICIAL WEBSITE
2.SUPERGT.net | SUPER GT OFFICIAL WEBSITE
3.SUPER GT – Wikipedia
4.スーパーGTSUPER GT>【ECLIPSE ADVAN SC430】
5.SUPER GT 2008」モータースポーツ動画を無料放送!<パソコンテレビ
6.スーパーGT:Car@nifty
7.鈴鹿サーキット | スーパーGT 第1戦鈴鹿300km
8.Super GT.com
9.【楽天市場】SUPER GT の検索結果:通販・インターネットショッピング
10.日産GT-Rが1、2位独占 スーパーGT開幕戦決勝 – MSN産経ニュース
スーパーGT」に関するブログ記事
11.スーパーGT選手権 – [モータースポーツ]All About(1/3)
12.初音ミク痛車、もっと“痛く”なって「SUPER GT」へ(ITmediaニュース
13.バイオニック日記 : スーパーGT ←高木氏の公式ブログ
14.SUBARU MOTORSPORT MAGAZINE – SUPER GT 2008
15.松田組が優勝/スーパーGT – モータースポーツニュース
16.SUPER GTとは – はてなダイアリー
17.スーパーGT | オートポリス
18.SUPER GT MINIATURE MODEL – ローソン
19.レーシングドライバー 脇阪寿一 BLOG: スーパーGT Rd6 鈴鹿1000Km  ←脇阪氏の公式ブログ
20.CARS Lightning McQueen Race car in the SUPER GT 2008(Round1) ←動画サイト
21.SUPER GT 特別編集 | レスポンス自動車ニュース
22.スーパーGT:100回記念レース 4万8千人が熱狂 レースクィーンも
23.Amazon.co.jp: SUPER GT 2008 ROUND1 鈴鹿サーキット: スポーツ: DVD
24.スーパーGTとは? || みんなの知恵蔵 ( 時事問題、用語の意味を解説 )
25.ツインリンクもてぎ | SUPER GT
26.スーパーGT
27.NISMO | MOTORSPORTS / SUPER GT 2008
28.スーパーGT『サーキットの華たち』(レースクイーン,キャンギャル) ←無料ブログ
29.SUPER GTシリーズ第5戦 SUGO GT300kmレース | スポーツランドSUGO
30.SUPER GT – ”アルファロメオGTV&プジョー406”の有る生活 – Yahoo  ←無料ブログ

レーシングドライバ高木氏の公式ブログが13位、脇阪氏の公式ブログが19位に入っていますが、その他で30位まで入っているブログは2件だけです。

ブログをやっている人は「○○○に関するブログ記事」に表示される3件に入ることができれば、アクセス数が増えるかもしれませんが、検索順位が30位以降では検索サイト経由でのアクセス数は望めません。(ブログ検索やランキングサイト頼りかも)

もうひとつ興味深い傾向として「旬モノ」の扱いがあります。

今朝のニュース番組で取り上げられていた「大雨 岡崎」で検索してみると…

大雨 岡崎
ニュースサイトがずらりと並びます。(「岡崎市立 大雨河小学校」は例外扱いでしょうか)

『「大雨 岡崎」に関するブログ記事』の欄に表示されている3件のブログを見てみました。
自分なりの判断のご紹介 → PR3
We Love Seo Do-Young! → PR3
愛知県社会福祉協議会ブログ → PR3

単純なPRによる評価とはいえないかもしれませんが、この枠に表示されるブログこそがGoogleに評価されているブログかもしれません。




関連エントリー