速報レポートの効果は?

イベント関係の撮影に出かけた場合は、ボリュームの関係で翌日になる場合もありますが、できるだけ当日中にページを作成するようにしています。

これはイベントに興味を持っていた人が事後検索でサイトに訪問してくることを期待しての事ですが、さてそれがどれだけの効果があるのか気になります。

そこで、本格的にシーズンインした3月1日からの掲載分のデータを取り出してみました。

※削除しました

アクセスされる期間が“短期”“中期”“長期”に分類してみると来シーズンに向けての課題が見えてきます。短期決戦のイベントの場合は速報性が重要で、中長期の場合は“まずは速報”で“次にボリュームアップ”の2段階で取り組むことが重要、そして毎年恒例のイベントならば“来シーズンのためにキッチリ仕上げる”ことも重要になってきます。




関連エントリー