MSN沼からの脱出?

会社のサイトBのページがMSNサーチで再びヒットするようになった。

MSN 検索順位変動推移
  8月1日 9月1日 10月1日 11月1日 12月1日 1月1日 1月31日
キーワードA 2 2 1 5 11 19 1
キーワードB 1 3 5 6 100 92 1
キーワードC 3 3 3 100 100 44 11
キーワードD 1 1 1 2 41 25 1
キーワードE 20 19 21 63 73 30 4

極端に順位が落ちていた期間はインデックスページがヒットしていたためで、ランキング外になっていたものは、そのキーワードがインデックスページに記述されていないため。

現在は検索キーワードに対して妥当なページがヒットするため、だいたい希望通りの状態に戻っているようだ。

念のため「Live Search Webmaster Center」を見ると…

前回はインデックスページだけがヒットしたコンテンツAの場合
Live Search Webmaster Center(1)

前回は全くヒットしなかったコンテンツBの場合
Live Search Webmaster Center(2)

全般的に評価されるようになってきているということか…

結局のところ「301リダイレクト」が悪さしていたのであろうか?

追記(2月14日).

ようやく昨年の10月以前の状態に戻った。そして以前よりも順位を上げているものもいくつかある。

Live Search Webmaster Center

コンテンツA
Live Search Webmaster Center(3)

コンテンツB
Live Search Webmaster Center(4)

コンテンツA、コンテンツBともにマックスの評価がされているようだ。とりあえず会社のサイトについてはこれにて解決。

ところが、私の個人的なサイトはますます悪い状態に陥っている。今までヒットしていたページすら全くヒットしなくなった。




関連エントリー