続々MSN八分

昨年10月上旬からMSNに評価されなくなった三つのサイトの件。

MSN対策の効果が出るまでに、かなり時間を要しそうな雰囲気。

そこであれもこれもと一つのコンテンツに施さずに、分散させてみた。

●会社のサイト (サイトBが評価されなくなった)

(1)サイトBのトップページ代わりに設置した「サイトA+サイトB」のサイトマップをサイトAのsitemapフォルダへ移動。

(2)サイトBのトップページは存在しないためコンテンツCへ転送させる。

(3)サイトBの某ページの修正版をサイトAへ設置。(原本:XML宣言あり、文字セットutf-8 修正版:XML宣言なし、文字セットShift_JIS)

(4)サイトAの一部のコンテンツをサイトBへ移転させた時の「IISで301リダイレクト」を解除。

●自分のサイト (サイトAが評価されなくなった、サイトBは新規設置以来評価されていない)

(5)サイトAのコンテンツGの個別エントリーのテンプレートを「XML宣言なし」に変更。

(6)サイトBのコンテンツEの個別エントリーのテンプレートを「XML宣言なし」に変更。

(7)サイトBのコンテンツEのカテゴリページの中から1ページのみ「XML宣言あり、文字セットShift_JIS」にした。

(8)サイトAのコンテンツCからサイトBのコンテンツDへ301転送していたものをテキストリンクに変更。

(9)コンテンツDのテンプレートを使ってサイトAにコンテンツFを作成。過去のエントリーをコンテンツDからコンテンツFへ移設して、移設先をテキストリンク。

検証内容
(1)トップページがリンク集のようなページになっていたが、それを撤去したらどうなるのか
(2)トップページとして何がインデックスされるのか
(3)内容が殆ど同じものを「XML宣言なし、文字セットShift_JIS」にした場合にどうなるのか
(4)301転送が嫌われていたのではないのか(一対一の関係ではない)
(5)(6)内容を変えずに「XML宣言なし」にした場合はどうなるのか
(7)内容を変えずに「文字セットShift_JIS」にした場合はどうなるのか
(8)一対一の関係にあるコンテンツの移転時のテキストリンクの効果はどうなのか
(9)テンプレートを変えずにサーバを変えた場合はどうなのか

さて何か進展があれば良いのですが…

なお、会社のサイトAとB、自分のサイトAとB、ともにGoogleとYahoo!からはそれなりに評価されているため、あくまでもMSNの問題です。




関連エントリー