MSN八分はバグだった?

昨日のイベントを受けて今日はいつも以上に某キーワードで検索されてきました。ニッチなキーワードとはいえ検索上位になっていれば確実に訪問者数を見込めるため、イベント開催日までにTOP10入り、できればTOP3入りさせておくことが重要です。それと、最近のGoogleの「短い期間だが最新のページを上位に表示させる」もカバーさせるためにも、イベント開催日の夕方までに当日の模様を最新情報として掲載させる必要があります。

で、たまたまLiveサーチでも検索してみたところ、今まで「MSN八分?」状態になっていたものがどうやら解除されていた模様。4月18日のLiveサーチのリニューアル時にLiveサーチのバグが直ったのかも。

会社のサイトは301転送を解除させて約1ヵ月後には何事も無かったのごとく検索されるようになりましたが、個人的なサイトは何をやってもダメでした。「301転送」をした場合、何かの拍子に転送元も転送先もMSNに嫌われてしまい、301転送を解除しても解決せず。試しに4年ほど前に使っていたサーバにダミーページを設置してみるとあっさりインデックスされ検索順位もそこそこ上位になったりしたので、ページそのものに原因があったとは思えない。まあ、やっぱりLiveサーチのバグだったということでしょうね。

broadentry ranking checkerで検索順位を調べてみた。

キーワード Google Yahoo! MSN
キーワードA 1位 5,980 4位 64,700 1位 9,750
キーワードB 3位 156,000 3位 45,100 18位 156,000
キーワードC 1位 18,100 6位 69,800 9位 7,760
キーワードD 51位 1,230,000 16位 9,530,000 圏外 771,000
キーワードE 23位 154,000 9位 267,000 87位 273,000
キーワードF 51位 1,880,000 21位 324,000 34位 14,500,000
キーワードG 圏外 3,150,000 8位 339,000 65位 4,950,000
キーワードH 20位 9,170,000 4位 390,000 40位 2,960,000
キーワードI 13位 6,660,000 8位 412,000 47位 14,600,000
キーワードJ 12位 8,550,000 8位 183,000 45位 933,000

ようやくMSN八分が解除されたといっても実のところ、MSNよりもOCNとかBIGLOBEの検索サービスからの訪問数が多いです。




関連エントリー