9月度の「YST Update」の影響は…

前回の「YST Update」以降、メインサイトのアクセス数は減少していて、9月度の「YST Update」が来るのを楽しみにしていましたが…

7月、8月、現在の検索順位を比較してみました。(54個のキーワード)

9月度のYSTupdateで検索順位は
  7月15日時点と比較して 8月15日時点と比較して
上がった 3 7
変わらない 8 15
下がった 43 32

残念ながら余計ひどくなりました。それに合わせてアクセス数もますます減ってしまいました。

総合的に判断するために「検索順位ポイント」を常にチェックしていて、7月15日時点で“5.11”、8月15日時点で“4.51”、9月12日時点で“4.03”となっています。

“5.11”と“4.03”でどのくらいアクセス数に差が出るのか?

9月11日(木)が“4.05”でしたので、これと7月上旬の平日の7月10日(木)の“5.07”と比較してみます。

Yahoo!検索経由での訪問回数
7月10日 → 221件
9月11日 → 93件

平均して6位から10位に入っている場合と11位から15位に入っている場合を比べると、アクセス数の差はこれだけあります。つまり、検索結果の「2ページ目」を見てくれる確率は低いということですね。(特にYahoo!検索の場合)

前回のupdateでなぜか順位を上げていたFC2ブログと古いだけのサイトは、今回のupdateで元の順位に戻っていました。(圏外またはそれに近い位置に)

で、唯一なぞの順位アップを果たしたサイトがあります。それは「geocities」を使った某コンテンツです。Yahoo!に関連するサービスが優遇されたということがあるのでしょうか。




関連エントリー