9位から突然ランキング外に

何かの本に「キャンペーン開始時に検索上位に持っていくためには、キャンペーン告知の3ヶ月前にサイトを設置しておくべき」と書かれていたのを思い出し、「OLYMPUS E-3」に関することを掲載していく特設サイト『セカンドステージ「E-3」』を約3ヶ月前に設置した。

結果として「E-3」発売日に「OLYMPUS E-3」をGoogle検索すると『セカンドステージ「E-3」』が“9位”になっていた。どうやら「約3ヶ月前から」というのは“当たり”のようだ。

こうなればGoogle検索経由での訪問者に見てもらえる確率が非常に高いわけで、「さあこれからが本番だ」とやる気が出てくるというもの。

さっそくトップページを整理して1個目のエントリーを掲載したところ…

なぜか翌日からGoogle検索でヒットしなくなった。

トップページを大幅に変更したことで「違うサイトになった」と判定されてしまったのか?

OLYMPUS E-3」で検索するとヒットしない。

ところが、「OLYMPUS E-3」で検索すると“6位”である。

両者の違いは「ウェブ全体から検索」と「日本語のページを検索」である。23日の朝までは「ウェブ全体から検索」で“9位”だったのに、更新した翌日からヒットしない。しかし、「日本語のページを検索」ならばヒットする。

理由がさっぱり分からん。

試しに「“OLYMPUS E-3”」で「ウェブ全体から検索」をすると“4位”である。

さてさて、これはどういうことなのでしょうか。

アドレスを変更して様子見することにした。(301転送で)




関連エントリー