花しょうぶ対決「知立vs碧南」

地元の観光撮影会は年にいくつかありますが、6月は「花しょうぶ」を題材として“知立”と“碧南”で開催されます。

これらに参加して、レポートを当日中に作成して掲載した場合にどのくらいアクセスがあるのかで、世間の関心度をある程度把握できます。

「知立の花しょうぶ祭り」と「碧南の花しょうぶ祭り」、さてどちらのアクセスが多かったのか…

知立 6月10日と11日のページビュー数 → 82
碧南 6月14日と15日のページビュー数 → 70
少ないながらも知立の勝ち。

ちなみに「かきつばた」の場合は5月9日と10日の二日間で155でした。

といっても、当日や翌日にアクセスする人というのは、「行きたかったけどいけなかった」または「行ったけど他の参加者の感想を知りたい」という人たちでしょうか。「興味があるけどどのような撮影会なんだろう」と事前情報を探している人には開催の前日までに過去のページを見るわけですので、それも調べてみました。

2007知立 5月13日から6月9日 → 213
2007碧南 5月17日から6月13日 → 108
ダブルスコアになっていますが、この場合は今年の「かきつばた」のページを見るついでに昨年の「知立の花しょうぶ祭り」のページを見ているためだと思われます。

「2007かきつばた」の場合は4月12日から5月9日の4週間で401でした。(「2008かきつばた」は5月10日から6月6日の4週間で706でした)

まあ“何かのついでに”という要素があるため単純なページビュー数で判定することは不可能ですが、「花しょうぶ祭り」よりも「史跡八橋かきつばたまつり」の知名度が高いということでしょうか。




関連エントリー