天気に翻弄されて雨の日はウォーキング

週間天気予報がコロコロと変わって、直前までは土曜日は雨模様で日曜日が曇りになっていました。そのため、土曜日は自宅で映画鑑賞、日曜日は花菖蒲&紫陽花の撮影サイクリングの予定にしましたが…

なんと、土曜日は天気が持ちこたえて、日曜日は朝から雨です。花菖蒲、紫陽花ともに雨が似合うため車で出かけても良いのですが、何度も通っている場所にわざわざ車で行くのも面倒です。そこで毎年恒例ですが梅雨時の休養日はウォーキングします。

ウォーキングコースの開拓は万全で、気分と時間次第で選び放題ですが、歩くだけでは面白くないため撮影も少しだけします。


誰が植えたのか不明ですが近所の遊歩道にはいろんな花が咲きます。もちろん今の時期なら紫陽花を楽しめます。

今日の撮影機材は「LUMIX DC-TX2」です。「今日は撮らないかもしれない」という場合はコンデジがベストです。それなりの機材を携帯してしまうと撮ることが目的になってしまうため、無理に被写体を探すことに時間を費やしてしまうのです。


4~5kmコースでもそれなりに花を楽しめるのですが、今日は「歩くこと」が目的ですので10kmコースにします。


遊歩道に植えられている花は妙に雨が似合います。


遊歩道というものは市道の一部だとは思うのですが、ある一部の区間だけ、なぜかそこの住民の私有地化されています。客観的に見ると勝手に自分の庭にしているように感じます。市から許可を得ているのでしょうか。


その区間の終点には自転車通行禁止にしたいのかフェンスでガードされています。犬の散歩すら禁止と書かれている遊歩道らしくない区間です。ちなみに、このフェンスには幅50cmほどの隙間があるため、自転車もギリギリ通すことができます。


さらに進むと桜の季節に歩くのがベストな区間に入ります。紫陽花も少しだけありますが、なぜか白っぽい紫陽花ばかりで色がついているのは極わずかという区間です。

10kmコースより先に進んでしまうと20kmコースになってしまうため、名鉄の線路側に向かって、そこからは線路沿いに歩いて帰宅。このルートのメリットは「何かあった時は名鉄に乗れば良い」という選択肢があることです。




関連エントリー