2018年版の「Dragon Touch X10」を購入

5年間使ったSONYのタブレットから「Dragon Touch X10」に買い替えたのが2016年9月のこと。10インチで15,999円という当時では激安品だったため、初期不良に当たらなければ2年間くらいは使えるだろう腹積もりでした。

激安だけど使えるタブレット

泊まりの旅行日を除けば毎日使っていたと言えるほど役にたつアイテムです。最近動きが鈍いかなと感じることがしばしばありましたが、もともと低スペックですので「こんなものかな」と思っていたのですが…

5月3日の朝、ルーチンワークのごとく「Dragon Touch X10」を操作すると思わず「?????」となりました。「スワイプ」を受け付けません。「タップ」すると違う場所が反応します。まさに「なんじゃこりゃ?」です。数回ほど再起動してみましたが症状は変わることはありません。2年持たずに壊れましたが、20か月間使えたということは「800円/月」ですので、十分に元は取れたということでしょうか。

Amazonで調べてみると「Dragon Touch X10」は少しづつ進化しているようで2018年版は「OS:Android 7.0 メモリ容量:2GB」になっています。「Android 7.0」なら「Fitbit Charge 2」と接続できるかもしれません。

ということでポチッして2日後に届きましたが…


なんと、2016年版に比べて2018年版は縦方向が短いです。純正ケースへの収まりが悪いことと、スイッチ類が右側から左側に移設されているため、ケースに入れた状態では電源オンオフが面倒です。


さらにコネクタが変更されていてHDMIを使うためには変換アダプターが必要です。

使うアプリを一通りインストールしてみましたが、デジカメと接続するアプリは全滅です。楽天トラベルのアプリは何故かログインできません。今度こそと期待した「Fitbit Charge 2」との接続は、「Dragon Touch X10」のBluetoothが「Bluetooth LE」になっているため接続できません。

できないことがまだまだありそうですが、頻繁に使うアプリは…

ブラウザ、Twitter、乗り換え、Yahooショッピング、楽天ショッピング、マップ

ですので、とりあえず「まっいいか」です。




関連エントリー