同調圧力の象徴「マスク」

私の周りを見る限りなのか分かりませんが「とにかくマスクをしろ」という人ほど「意味がある感染予防」をしていません。

「三密」(密集、密室、密接)と言われるようになる前から私は、「会議など人が多く集まることを避ける」「密室で打ち合わせなどしない」「近くで会話しない(特に対面では)」「食事の前は手洗い」「ドアノブを素手で触らない。触ったら手洗い」を徹底していました。もちろん、「しっかり食事をとる」「十分な睡眠(約8時間)」「毎日軽い運動をする」もやっています。車通勤ですし、休日も公共交通機関は使いません。人ごみを避けるのは当たり前ですし、買い物すら行きません。

要するにまずは感染する確率をいかに減らすのかです。

「マスクさえすれば良いんでしょ」という人たちは、大勢で会議をするし、狭い空間で打ち合わせするし、大声で立ち話するし、昼食時に手洗いしない人ばかりです。そんな人たちに「マスクに予防効果などない」と言うと「他人にうつさないためにやっているんだ」と強気の返事がきます。つまり、そもそも感染予防などする気が無くて、感染ありきということです。

「マスクに予防効果などない」は昔から常識的な話ですが未だにマスク信仰があるので、詳しいお話は専門家の意見が参考になります。
マスクの予防効果(コロナ、インフルエンザ)について

で、どうしようもない会社ですが、7都府県に緊急事態宣言が出された途端にバタバタと会社中が慌ただしくなって、いろいろと決めごとが作られました。ようやく感染予防をまともに考えるようになったのか…

なんと「仕事中はマスク着用を義務とする」というオマケまでつきました。だったら会社で用意しろとキレたくなりますが、暇な老人たちが多いためか、開店3時間前からドラッグストアに長蛇の列ができる状況ですので、会社が用意したのは使い捨てマスクを一人1枚だけです。要するに強制にも関わらず「自力でなんとかしろ」です。無理なものは無理ですので1枚目を洗って乾くまでの繋ぎが必要ですので2枚目を貰いましたが、さすがに3枚目は不可能。

という時間稼ぎをしている間にタイミングよくAmazonでポチッできたマスクが届きました。


潤いシルク フェイスカバー 2枚セット サラサラ触感 日焼け止め UVカット98% 紫外線対策 花粉症 息苦しくない (ホワイト 2枚)


ぱっと見だと1枚100円じゃないのか思える作りですが、2枚で2180円なり。まずは使う前に薬用石鹸で洗いました。

布切れで作ったマスクすら認められる世の中ですので、意味があるのかどうかなどどうでもよく「マスクさえすれば良いんでしょ」という雰囲気ですから何でも良いんです。


1つ星 1
読み込み中...


関連エントリー