島めぐり「日間賀島」

8月下旬から遅い夏休みを取る予定でしたが、妙に天候不順続きで連日の晴天を見込めず、旅の予定を立てることができません。もたもたしている間に9月20日で使っていない有給が消滅してしまうため、予定を立てることなく晴天を狙って有給を取得。

最近は「島めぐり」がブームなのか、近場の島も休日には観光客が大勢訪れています。アートの島として再生した佐久島の場合は、船に乗り切れないほどの観光客を捌くために臨時便を増発しているのですが、それを見込めない島の場合は“島に渡れない”となりかねません。

タコで有名な日間賀島はいつの間にか「猫島」にカウントされるようになっていますが、休日の激混み状況を考慮すると躊躇います。そこで、平日の朝一の便で日間賀島へ渡ることにしました。

9月10日

自宅を5時30分出発。通勤時間帯前ということもあって、高速船乗り場の河和港には6時30分前に到着。第一便が7時35分ですので、待っていても時間の無駄ですので師崎港まで移動します。7時前の師崎港の駐車場はさすがに空いています。


師崎港発の第一便は7時ちょうど。師崎港基点の2島めぐり周遊券は1370円です。河和港基点の2島めぐり周遊券は2730円ですので、自家用車移動の場合は師崎港基点がお得です。名古屋方面からの鉄道移動の場合は河和港になります。


地図を見れば島がどの辺りにあるのか分かりますが、師崎港から篠島と日間賀島はすぐそこです。よって師崎港からの高速船の運賃が安いのです。


7時の便は篠島を経由してから日間賀島の東港に着岸します。7時40の便なら西港です。河和港7時35分の便も西港ですので、効率よく島を散策するなら。西と東のどちらに着くのかは事前に調べておく必要があります。


東港周辺には用事はないので早々と西港へ向かいます。すぐそこに篠島が見えています。


朝から日差しが強くてすでに汗だくです。猛暑日に島めぐりはきついです。


西港にある「たこの駐在所」。

今日の目的は島観光でも島ウォーキングではなく「猫」です。さっそく猫探しに入ります。


第一島猫発見!


愛想があまりない猫ちゃんですが、猫島らしく猫ちゃんに会えたので幸先調子いいなぁと思いながらぶらぶらします。


西港のタコのモニュメント。


第二島猫発見! 実はここまでに結構な時間を要しています。なんか嫌な予感がします。


猫が居そうな集落をぐるぐると歩きますが、どこにも居ません。


猫が嫌いな住人が多そうです。猫が居るはずの西港側の集落を30分ほど探索しましたが全くいなくて、「ここは猫島ではない」と結論付けてモチベーション大幅にダウン。

ここからは島ウォーキングです。


サンセットビーチ


八幡神社


新井浜港


もっとたくさん置いてあるのか期待した「タコつぼ」はここにあるだけです。


真夏の空ですね。


海沿いを散策するも匂いがちょっと。


ハイジのブランコ


日間賀神社


東港側の集落の中にあるレトロ感ある郵便局。猫がいても良いような雰囲気ですがこちらにも一匹もいません。


サンライズビーチ


安楽寺


たこ阿弥陀仏


東港のタコのモニュメント。


あまりにもガッカリ感が漂うので9時30分の高速船に乗りました。さすがにこの時間に撤退する人は皆無なのか高速船は貸し切り状態でした。

なぜ日間賀島に人気あるのかさっぱり分かりませんでした。

本レポートは、写真館の「猫島」に掲載する予定でしたが、不本意ながらハイキングネタで掲載となりました。




関連エントリー