歩き旅向けのシューズ「ラクウォーク RM-9180」

先日試した「旅日和 TB-7816」は歩行時間が4時間を超えると足の裏の痛みとの闘いになります。短時間なら快適に感じるため歩くことが目的ではない旅行用途かもしれません。とりあえず通勤で使っているため無駄にはなっていません。

長時間歩くと足裏が痛む理由は「インソールが硬い」からです。インソールを交換すれば解決しそうですが、それでも今まで使ってきたシューズより重いため、足への負担があるかもしれません。

そこで長時間歩くためのシューズは無いものか再び探してみました。もちろんダメ元で諦めがつく価格帯の中から探します。「店頭で履いてから買えば」という意見は却下です。店頭で履いた程度では本当に使えるのか分かりません。実は店頭で買って使わなかったシューズが2足あります。

歩き旅向けのシューズ選びは、なんだかロングライド向けのサドル選びに似ています。100kmまでなら快適なのに200kmを超えるとお尻が耐えられないというパターン。

ということで、ダメ元でポチッしたものが届きました。


アシックス 商事 ラクウォーク RM-9180 ダークグレー

「旅日和 TB-7816」に比べると全般的に柔らかいです。インソール自体にもクッション性があります。ただし、履いてみると、ゆとり感が少ないです。しっかり歩くためにはゆるゆるではダメということでしょうか。


「ラクウォーク RM-9180」の靴底は山道のハイキングコースでも対応可能です。岩場は無理かもしれませんが…


重量は249gです。「旅日和 TB-7816」は354gもあるため、「ラクウォーク RM-9180」はかなり軽いです。

歩き旅に使えるのかどうかは「6時間歩いてどうなのか」を試す必要がありますが、次の週末は撮影メインにしたいため、検証無しで撮影旅行に投入することになります。

夜行バスを使う予定のため、こんなものも購入。


携帯スリッパ 860 メンズ (25.5~27cm対応) 室内用スリッパ カラー:グレー

これは飛行機を使う時にも役に立ちそうです。




関連エントリー