夏草や兵どもが夢の跡「一関~平泉~花巻」

東北遠征第四弾の最終日は、「いつかは」と思い描いていたひとつである「平泉」を観光して、ゴールの「いわて花巻空港」を目指します。

分割日本一周のルート設定で一番の悩みは「どこで分割させるか」ですが、愛知県在住の身としては、東北、北海道、九州の場合は、列車を使った移動は非現実的です。そこで飛行機を使うことになりますが、意外にも東北地区はANA、JALともに冷遇状態にあります。

幸いにもFDAが「小牧-青森」および「小牧-岩手(いわて花巻)」を運航しているため、なんとか東北編も分割させることができましたが、仮にFDAが無かったとしたら仙台で分割させる必要があるため、立ち寄りポイントを極力減らして、いっきに北海道へ上陸するという強行プランになっていたかもしれません。


20131106/07東松島~一関~花巻 225.8km(1152m)


自転車旅のためのエネルギーを「朝食バイキング」でガッツリと蓄えます。


宿を7時30分ごろにスタート、「厳美渓」に立ち寄る必要が無くなったため「平泉」には8時前に到着。「毛越寺」の拝観時間まで周辺をぶらぶらと散歩。観自在王院跡の舞鶴が池の紅葉が静かな水面に映り良い感じです。


これぞシンメトリー。昼間なら青空が映りこみ写真撮影に熱中しそうな風景です。


まだ時間があるためJR平泉駅に立ち寄ってみました。鏡とライオンのついた水飲み場がありましたが、なぜライオンなのか不明です。


青銅でできた扇のようなものは国宝の「金銅華鬘(こんどうけまん)」らしいのですが、なぜか郵便ポストの上に置かれています。もういきなり平泉らしさ爆発です。


では「毛越寺」を散策します。


寺院と紅葉の組み合わせは絵になります。写真は常行堂。


幻想的な阿弥陀如来。


本堂を横から紅葉を絡めて撮影。


大泉が池。

撮影に夢中になっていると、あっという間に時間が過ぎていきます。心残りはありますが、撮影旅行ではないためこの辺で離脱。

「平泉文化遺産センター」をささっと見学。撮影禁止のため写真はありません。


夢館奥州藤原歴史館で奥州藤原氏四代の歴史と文化を学びます。蝋人形を見ながら設置されている説明板を順番に読んでいくと、藤原氏の繁栄と衰退をダイジェストながらも知ることができます。


それにしても今にも動き出しそうなくらいリアルすぎます。


もちろん平泉ですから義経の悲劇も扱っています。


有名なシーン。


弁慶の「立ち往生」。このような状態にあるのが本来の「立ち往生」の意味。(立ったまま死ぬこと)


最後は芭蕉さんが現れて「夏草や兵どもが夢の跡」を詠んだところで話は終わります。入場料が1050円もするので、どうしようかなと躊躇しましたが、見学して良かったです。

※後程知ることになりますが、「夢館奥州藤原歴史館」は2013年11月23日で閉館。立ち寄っておいて良かったです。それにしても勿体ないとことです。経営難とはいえ入場料を高くしてさらに入場者が減ったという負の連鎖でしょうか。


義経最後の地「高館義経堂」。義経堂の中に義経の木造が安置されています。


眼下には北上川が静かに流れています。芭蕉はこの風景を見て「夏草や兵どもが夢の跡」を詠んだそうです。


平泉といえば「中尊寺」です。手前の駐車場から奥まで結構な距離を歩きますが、ひたすら歩くわけではないため、「歩くの嫌」という人でも苦痛になることはないかと思います。


ここにも芭蕉さんが。


有名な「金色堂」。黄金の仏様は必見ですが、残念ながら撮影禁止です。参考までにこんな雰囲気です → 金色堂


信仰心が厚い人は、ひとつひとつお祈りしていきましょう。


「べんけい餅」をいただきます。平泉観光だけで3時間も要しました。


うっかり見落としそうな場所にある「武蔵坊弁慶の墓」。


平安朝初期の武将であり最初の征夷大将軍「坂上田村麻呂」の胆沢城の跡地は単なる空き地になっています。この辺りからカッパが必要なくらいの雨降り。


花巻は宮沢賢治の故郷です。


銀河鉄道の夜をイメージ。


JR新花巻の駅前にあるモニュメント。


花巻のグルメといえば「わんこそば」。新花巻駅の真向いにある「銀河プラザ 山猫軒」でいただきますが、食べ放題の「わんこそば」は予約が必要らしく、飛び込み客用に「わんこそばセット」が用意されています。昼間に食べるのなら「わんこそばセット」で十分かもしれません。


15時50分ごろ、いわて花巻空港に到着。最後は雨に降られましたが充実した5日間でした。

旅費
11月3日 新安城駅-那須塩原駅 13,940
昼食、夕食、おやつ、ドリンク 1,159
土産 1,000
ホテルサンルート白河 4,820
11月4日 昼食、夕食、朝食、おやつ、ドリンク 2,039
会津若松駅-喜多方駅 320
旅館 俵屋 4,600
11月5日 米沢駅-松島駅 2,210
昼食、おやつ、ドリンク 1,529
観光 300
バリュー・ザ・ホテル矢本 ※洗濯 7,050
11月6日 昼食、おやつ、ドリンク 1,000
観光 940
土産 840
ホテルルートイン一関インター 7,200
11月7日 昼食、おやつ、ドリンク 1,857
観光 2,550
土産 3,880
いわて花巻 18:50発 → 名古屋小牧 20:15着 15,900
空港バス 700
名古屋-新安城 540

合計 74,374円




関連エントリー