2020年ふるさと納税の第三弾、第四弾、第五弾、第六弾

2018年のふるさと納税で貰ったモンベル ポイント・バウチャーを使ってテントを手に入れて、その後はAmazonなどでアウトドア用品を爆買いしました。その勢いて「どうせなら」ということで、ふるさと納税の返礼品をアウトドア用品にロックオン。


寝袋B(スーパーライトフライ600) ※埼玉県鶴ヶ島市 寄付金額20000円 (Amazon価格だと7920円です)

抗菌マスクが3枚オマケで付いてきます。


届いた箱があまりにも軽いため、最初は何が届いたんだろうと思ったくらいに小さくて軽いです。


約580gですので、自転車旅&キャンプの時にも使えそうです。


oxtos スタッフバッグ・3L~10L(3枚セット) ※石川県羽咋市 寄付金額7000円 (Amazon価格だと2420円です)

衣類の仕分けなどに重宝できそうです。


チタニウム製スプーン・フォーク付5徳引き割ナイフ ※岐阜県関市 寄付金額24000円 (ヨドバシ価格で4890円)

「どうせなら長く使えるものを」という単なる思い付きです。「チタン」という響きが良い。


スプーン、フォーク、ナイフ、栓抜き、缶切り。とりあえずこれがあれば、キャンプの食事はできますね。


ナイフ セトメード カヌー 3 マホガニーパッカー ※岐阜県関市 寄付金額9000円 (参考価格2420円)

近場のキャンプ場なら自宅で食料の下準備をしていくので、現地では「焼くだけ」となりますが、少し遠出して現地調達するならナイフが必要かもしれません。


関市なのに何故「SETO」なんだろう。

岐阜県関市のカスタムナイフメーカーSunnyのSunny Setoがプロデュースした精度の高いナイフシリーズです。

作りがしっかりしているので、このナイフも買い替える必要は無さそうです。

爆買いした時に「あれば便利かもしれない」というアウトドア用品をふるさと納税の返礼品でいただきました。


1つ星 1
読み込み中...


関連エントリー