2019年9月7日

旅ネタで一気見「あの夏で待ってる」

作品のタイトル「あの夏で待ってる」通りに偶然にも「夏」の季節に全話観たわけですが、観るならやはり夏に観ることをお勧めします。作中の季節が夏ですので、妙にシンクロします。

続きを読む

2019年9月6日

こちらも40周年記念アルバム「Turntable / 竹内まりや」

「GUNDAM SONG COVERS」は40周年記念アルバムですが、この「Turntable」も竹内まりや40周年記念アルバムという点は偶然とはいえ、「もう40年も経ったのか!」という月日の流れを感じます。

続きを読む

2019年9月5日

列車移動そのものを楽しめるのかどうか

「自転車旅」「歩き旅」加えて「列車旅」を楽しもうと参考になりそうな書籍をあれこれ買い漁りましたが、いまだに実行できていません。「列車」はあくまでも移動手段と思えてしまうからで、列車移動そのものを楽しめるのかいまだに想像できません。

続きを読む

2019年9月4日

「京都・江戸 魔界めぐり」は旅ネタにちょうど良い

「魔界めぐり」というキャッチにつられてポチッしたムック本が届きました。出張で東京に行くことがあっても観光目的で行くことはあまりないのでは。行ってもメジャーどころ限定かと。

続きを読む

2019年8月30日

「あの夏で待ってる」のブルーレイ版をようやく揃えました

ブロンプトンの旅の日本一周編はあれもこれもと詰め込み過ぎて複雑なルートになりました。特に塩尻から東京までの区間をまるまる2本走り、「小諸」には3回立ち寄っています。3回目の時に「小諸城跡」でこのようなポスターを見かけました。小諸を舞台にした作品「あの夏で待ってる」です。当時は自転車遊びに忙しくて、特に調べることはなく月日は流れました。

続きを読む

2019年8月29日

三冊目「廃線探訪入門」でようやく

なんとなくその日の気分で「今日行ってみようかな」となるのは、せいぜい移動時間が1時間程度の場所です。愛知県なら名鉄電車の廃線跡もあるはずなのに…と思っていると「旅と鉄道」の廃線探訪ネタの総集編みたいな本が出版されたのでポチッ。

続きを読む

2019年8月28日

島根3部作の第1作目「白い船」

この作品で注目すべき点は「濱田岳」です。映画撮影時はまだ12、13歳だったと思われますが、演技が全く今と変わりません。ドラマ「インハンド」の演技を見ていると「白い船」の少年がそのまま大人になったような雰囲気がします。

続きを読む

2019年8月27日

夏用の帽子を二つ

夏場の自転車旅や歩き旅に使うためにお盆前にポチッしたものがあります。近場のポタリングやウォーキングで使っているため無駄になったわけではありません。

続きを読む

2019年8月24日

「大人の遠足BOOK」シリーズは楽しい

島旅シリーズより前に買い始めているシリーズは「大人の遠足BOOK」です。財力にモノを言わせて大人買いということはしません。なんとなく興味をもったものでなければ、宅配で届いてもそのまま本箱行きになって存在すら忘れるからです。

続きを読む

2019年8月22日

「天正10年の史料だけが証す本能寺の変の真実」をドラマにして欲しい

視聴率が低迷しているようですが今後も上昇する要素は見られません。もともと視聴率云々はどうでもよく、自分が面白いと感じているドラマなら見続けるのですが、「いだてん~東京オリムピック噺~」は打ち切って欲しいレベルのドラマです。

続きを読む