札幌&小樽撮影旅行二日目

札幌雪祭りは初日だけで「もう良いかな」という気分だったので二日目をどうしようかな迷いました。たまたま手に取ったチラシを見て「これだ!」と閃いたわけですが・・・


少し早起きして6時40分頃に宿を出発。


地下道を歩くと効率がいいですが思いのほか距離があります。

みどりの窓口で購入したものは「旭山動物園きっぷ」です。日帰りツアーバスを使うと費用も安くさらに手間要らずですが、時間に縛られるのが嫌で、JRを使うことにしました。

7時30分の特急に乗るために7時少し過ぎにホームで待ちます。一番乗りですので席の確保はできましたが、なんと乗車率は100%を超えています。指定券はこのあとの特急もさらにその後も売り切れとか・・・


駅のホームも雪国らしい風景ですね。


試される大地。まさにそのような風景が延々と続きます。


特急「宗谷」は名前の通り稚内まで行きます。


旭川の天気予報は雪。さてどうなりますか。

旭山動物園行きのバスが予想外に激混みです。バス待ちの人たちが全然乗れません。臨時バスは出るのでしょうか。座れるわけもなく激混みのバスの中の40分は辛かったです。


開園30分前で既にこの行列です。

あまりにも列が伸びるので15分前に開園となりましたが、まだ動物がいるエリアには入れません。定刻の10時30分、ようやく開園。待ちわびた人たちが一斉に大移動です。もちろん場所取りのためです。


今の時期に旭山動物園に来る目的はこれです。というよりもこれを見るためにわざわざ札幌から大移動してくるのです。


こういう時は重い機材を持ってきて良かったと思える瞬間です。ストレスなく連写しまくります。


雪だるまかと思ったよ。


定番の撮影ポイント。こういう時はISO感度を高めるしかありません。


雪予報でしたが晴れてきました。帰りも激混みバスは勘弁して欲しいので、午後1時10分のバスに乗りましたが、なんとギリギリ座れません。復路は直行便ではなく普通の路線バスになってしまうため、往路より遥かに時間が掛かりもうヘトヘトです。


午後2時、旭川駅で旭川ラーメンの大盛りをいただきます。ようやく食べることができましたが、普通のしょう油ラーメンでした。


復路も試される大地の風景を眺めますが往路より平和です。往路は焼き肉臭いおじさんが隣に座りガーガーいびきするうえ妙に独り言が多くて落ち着きませんでした。


午後4時、札幌駅に戻りましたが、北海道大学を散策することにしました。


引き続き植物園を見学したかったのですが、冬季は休園していました。残念。


雪祭りは最終日の夕方でも混んでいます。ということは皆さん今夜も札幌で泊まりですか。テレビ塔も混んでいそうなため予定を変えて狸小路へ向かいます。


昨日見つけた食事処で海鮮丼をいただきます。このボリュームで1290円です。他店なら1800円を超えそうですね。

このまま宿に戻るのはもったいない。何か撮影ネタはないかなぁ。あっ!


1時間ほど市電相手に楽しめました。


午後6時30分頃に宿に戻りました。

撮影旅行レポート
札幌&小樽撮影旅行初日
札幌&小樽撮影旅行二日目
札幌&小樽撮影旅行三日目
札幌&小樽撮影旅行四日目

フォトレポート
冬の旭山動物園は楽しい
「さっぽろ雪まつり 2019」昼の部
「さっぽろ雪まつり 2019」夜の部
「雪の小樽散策」昼の部その1
「雪の小樽散策」昼の部その2




関連エントリー