CHUMS BACKPACK BOOK

今年も前半で撮影機材を大量に買ったことで、そろそろ大物をポチできる余裕がなくなってきました。そこで小物狙いで「CHUMS トートバッグ&ランタンBOOK」に引き続き「CHUMS BACKPACK BOOK」をポチッしました。


CHUMS BACKPACK BOOK


書店で取り扱うために小冊子が添付されていますが、今さらながら気が付きましたが、このシリーズは毎年春に出版される「CHUMSのカタログ」です。よって「CHUMS BACKPACK BOOK」の小冊子は2019年版のカタログです。


さて、オマケのリュックですが、想像より遥かに大きいです。


リュックの形はしていますが、巾着袋のように運搬時は絞る必要があります。


大きいわりに簡易的な作りをしているため、重いものを運搬することは厳しいかもしれません。口コミ情報には「すぐに壊れた」というコメントが多いようですが、見るからに壊れそうです。


サイドにはペットボトルの収納が可能ですが、片方だけ使うとバランスが悪くなりそうです。かといって左右に入れるとリュックの肩ベルトに負担が掛かるので「すぐに壊れた」に繋がりそうです。


リュック自体は軽いので、「とりあえず荷物は着替えだけ」という旅行などには使えるかもしれません。


1つ星 0
読み込み中...


関連エントリー