提案型情報誌「旅と鉄道」

自転車遊びの時に買っていた自転車旅に関する書籍「自転車人」「自転車と旅」「シクロツーリスト」は次々と休刊、廃刊になり、現在は不定期に突発的に出てくる「ニッポンのじてんしゃ旅」くらいでしょうか。その代わりに買っているのが、年に6冊発刊される「旅と鉄道」が最近のお気に入りですが、定期購入しているわけではありません。

「旅と鉄道」がちょっと特殊なのか『「旅と鉄道」のムック本』と『「旅と鉄道」の増刊号』が不定期に発刊され、特集記事目的ならば隔月号を買っていくよりもお得感があるのです。といっても隔月号も特集記事だらけというパターンもあるため、買おうか迷うことも多いです。

今年購入分

廃線探訪入門 / 旅と鉄道
観光列車旅百科 / 旅と鉄道
旅と鉄道 2019年増刊2月号 応援宣言! 北海道の鉄道旅2019
旅と鉄道2019年増刊10月号 電車で行く紅葉&温泉の旅
旅と鉄道 2019年増刊11月号 アニメと鉄道2019
旅と鉄道 2019年5月号 かわいい鉄道

これらは眺めているだけでも楽しくなるので提案型情報誌といえるかもしれません。このパターンで「鉄道」を「自転車」に置き換えても楽しそうな記事になりそうですが、それをやらない理由は単純に“需要”なのかもしれません。


駅舎に特化した1冊ともいえる「旅と鉄道 2020年1月号」です。


記事に取り上げられた駅が近場にもいくつかあるので、「鉄道+キャリミー」でぶらぶらするのも良さそうです。




関連エントリー