ドライブレコーダー「Transcend DrivePro 200」で動画撮影

自転車遊びの物欲が収まったかと思えば、車用品に次々と出費していきます。レーダー探知機も14年ぶりに買い換えましたが、特にネタになりそうなものではないので、ここでは取り上げません。

今回のネタは「ドライブレコーダー」です。ドライブレコーダーにもいろんなものがあって、価格の幅が広すぎます。ただ単に保険代わりに装着するのならば格安品でも良さそうですが、いちいちPCに取り込まなければ画像の確認ができないものでは意味がありません。そこそこの価格帯で液晶モニターが付いている製品の使い勝手がどうなのかいちいち調べるのも面倒です。

ということで、えいやぁで注文した製品がこれです。


Transcend WiFi対応ドライブレコーダー 300万画素Full HD画質 160°広視野角 DrivePro 200 吸盤タイプのマウント付属 / TS16GDP200M-J

300万画素Full HD画質、常時録画、スマートフォンへ動画を転送、Gセンサー搭載で緊急時の映像は別フォルダに保存、吸盤タイプのブラケットが付属、16GBのmicroSDHCカード付属、リチウムバッテリー内蔵…

スペックだけ見れば必要十分な機能を装備しています。これを選んだ最大のポイントは「スマートフォンへ動画を転送」かもしれません。イザという時は、スマホに転送すれば役に立つはずです。


ということで、道の駅スタンプラリーを始めた当初から装着して使っています。

緊急時の映像は別フォルダに保存され消去されないことになっていますが、赤いボタンを押すことで任意のタイミングで同様のことができます。つまり、この風景を撮っておきたいと思ったらボタンを押せばいいのです。ということで、何度も何度もボタンを押したわけですが、なぜか15個ほどしか残っていませんでした。

いくつかユーチューブにアップしてみましたが、原本はそこそこ綺麗でもユーチューブだと画質が悪くなってしまいました。


権兵衛トンネル

国道418号は酷道です

ドライブレコーダーの画像を切り出してリサイズすればブログ用途にも使えます。

自転車なら良い景色に出逢えたら停車して写真を撮ることができますが、車だとそういうわけにもいきません。とりあえず記録写真代わりには使えそうです。




関連エントリー