格安ドライブレコーダーを使う前に壊した

今の世の中では常識になっているドライブレコーダーをデミオDに付けてあります。

ドライブレコーダー「Transcend DrivePro 200」で動画撮影

ドライブレコーダーの画像を切り出してリサイズすればブログ用途にも使えるため、購入した当時はこれで必要十分かと思っていました。

最近は世間を騒がしている“あおり運転”対策で後方も記録できるドライブレコーダーが必要らしいです。だったら最新のやつに交換するかと気楽に考えたいところですが…

メーカー品は高いです。

自動車関連で使える15%offクーポンが配布されたタイミングで、気楽にポチッできる価格帯で何か無いものかと探してみました。実は15%offクーポンというものは曲者で本当に欲しいと思える“ちょっと高い”商品には使えないことが多いのです。

見つけたのがこれです。

ドライブレコーダー 前後 2カメラ フルHDよりも更に高画質 前後カメラ同時録画 駐車監視 先進運転支援機能搭載WDVR1712

クーポン使って5933円。


取り寄せ商品になっていたため届くまでに2週間掛かりました。


格安品の割には箱はそれなりにしっかりした作りをしています。


ドライブレコーダー本体の見た目も悪くありません。配線が面倒ですがなんとかなるでしょう。

まずはマイクロSDカードを挿入します。。。。あれ、思いのほか奥に入ってしまって、二度と取り出せないような。ここで嫌な予感。

取り出せなくても使えればいいやとデミオDのソケットに差し込むとSDカードを認識できていません。

どうやって取り出すんだろう。SDカードを挿入口の隣に小さい穴があります。通常の製品設計ならここを安全ピンなどで突っつけばSDカードがポロッと出てくるはず。

慎重に安全ピンを差し込むと、抵抗がなくどこまでも入っていきます。

おかしいな?

と何度もやり直すと「プチッ!」と嫌な音がして液晶画面が暗くなりました。

あっ、壊れた。

ということで、使う前に壊してしまいました。故障ではなく壊したことになるので保証の期待が持てません。連絡を取り合うのもめんどくさいのでこのまま廃棄します。

精密機器に関しては、メーカー品を買うべきだったという反省あるのみです。




関連エントリー