京都旅行をやめてウナギを食べに浜名湖へ(撮影多めで)

「歩き旅」に関して地元の東海道編は“お試し”みたいなもので、本格的なものとしては京都編になりますが、その第一弾は2018年の「秋の京都」でした。その続きの第二弾を躊躇っている理由は「京都は激混み過ぎる」です。その京都ですが「新型コロナウイルス騒ぎ」でとても空いているらしいので、とりあえず宿を探してみると「選び放題」に加えて「宿泊費がいつもの半額」という「いくなら今でしょ」という状況にあります。

1泊2日の撮影目的の歩き旅の準備をしつつ、ぎりぎりまで「どうしようかな」と迷っていると、妻が「ウナギを食べたい」とボソッと言い出したので、行き先を急遽変更。もちろん日帰りです。半年に一回くらいのペースで妻が「〇〇に行きたい」「〇〇を食べたい」と言った時は却下しないことが、趣味に没頭するための必須条件です。

ということで、浜名湖周辺の撮影スポットを探して、ざっくりとスケジュール組み。

以前は高速を使って浜名湖に行くのは結構不便で、立ち寄りポイントによっては国道23号&国道1号で行く方が早いくらいでしたが、「舘山寺スマートインターチェンジ」ができたことで便利になりました。

2月23日


まずは「大草山昇竜しだれ梅園」です。小高い山に作られた梅園ですが、入園料は一人700円必要です。駐車場もそれほどあるわけではないため、あえて有料にして観光客を減らすというのも良い方法です。


この「梅のトンネル」はパワースポットだそうです。撮影目的なら十分に楽しめる梅園ですので、有名になる前の今がお勧めです。


2か所目は「インスタ映え」ブームで人気が出た「浜名湖ぬくもりの森」です。ここの入園料は400円ですが、想像より小さいため、撮影無しで“見るだけ”だと15分も掛かりません。その割には観光客が次々とやってきます。


撮影目的なら確実に楽しめるので、どうせなら本格的なカメラを持っていきましょう。


3か所目へ向かう途中に河津桜を発見。


先ほどまでの青空がどこかに消えて、冷たく強い風が吹いています。


デミオDでドライブですが、コンパクトカーの宿命なのか高速道路を走ると妙に疲れます。


3か所目はフラワーガーデンです。ここは無料ですが、かなり気合を入れて手入れされているため、撮影も楽しめる“憩いの場”です。


望遠レンズを持ってこなかったことを悔やまれるほど野鳥もたくさんいました。


最後に妻のリクエストに応えて「ウナギ」です。


今日は168kmのドライブでした。




関連エントリー