おやじ4人衆で晴天の「しまなみ海道」

2013年9月16日

ブロンプトンの旅で「しまなみ海道」については既に走っていますが、前回は「雨」だったため「晴天日に『しまなみ海道』を走りたい」という思いがありました。日本一周ルートをあれこれ検討した結果、松山から尾道へ向かう必要性が出てきたため、「しまなみ海道」をもう一度走ることにしました。

台風18号の影響で天候がどうなるのか分からない状態でしたが、台風の予想進路を見る限りは走行ルートを直撃することは無さそうです。

今回の遠征の当初案は「日本一周ルート」から外れているエリアを攻略する「補完ルート」として、滋賀、京都、福井を走るプランを作りましたが、がくさんに「たくさん走りたくない」って却下されたことで、小豆島、倉敷、しまなみ海道の3本立てになったのです。(台風18号の猛威が京都に被害を及ばしたことは運命みたいなものを感じます)

走行ルート
瀬戸内&山陰遠征

20130916松山~尾道 距離: 124.5km 平均スピード: 20.2km/h 獲得標高: 677m/819m


おはようございます。待望のバイキングです。睡眠不足でもガッツリいきます。これだけ食べておけば昼食は少な目で夕方まで走ることができます。


急ぐ必要は無いため、朝食後も温泉に入り、のんびりと出発の準備をして8時10分ごろにスタート。その前に、道後温泉本館で記念写真。実は昨夜からkantaさんが合流しています。晴れ魔神のkantaさん登場で見事なドピカン晴れになっています。2011年9月の雨のしまなみ海道晴れのとびしま海道を思い出します。


そして坊ちゃん列車。運行ダイヤをチェックすると1本目は8時47分発のようですが、待つのも退屈ですので道後温泉を後にします。残念ながら今回も道後温泉本館の温泉に入る余裕はありませんでした。道後温泉本館でのんびりしたいのなら、午後3時くらいに道後温泉の宿にチェックインすべきかも。(二十数年前はそうしましたが)

まずは、しまなみ海道の南側の起点「サイクリングターミナル サンライズ糸山」へノンストップで向かいますが、松山から今治までの区間はひたすら強い向かい風となり、序盤から疲れます。台風は東に逸れて雨の心配はなくなりましたが。。。


なんとか予定していた時刻に「サンライズ糸山」に到着するとサプライズゲストのフジタさんが登場。2012年4月の川之江城でお会いして以来の再会です。


二度目の「しまなみ海道」は晴天なり。良い眺めです。

ちなみに雨だとこんな感じになります。

哀しくなってきますね。


二度目の「しまなみ海道」は観光無しで、青い海、青い空を満喫しながらガシガシと進みます。松山から尾道までの区間が約125km、がくさんの復路の列車の時刻を考慮すると尾道ゴールは17時前に到着が絶対条件。ということで、「しまなみ海道観光」ではなく「しまなみ海道サイクリング」です。晴天日なら景色を楽しみながら気分良くサイクリングを楽しめるので、よほど時間が余っているのではなければ観光はいらないかなと思います。走りメインと観光メインの少なくとも二回は「しまなみ海道」を走ってみるといいかも。


伯方と言えば、やはり「しまなみ特性塩ラーメン」でしょ。さっぱり味でもう一杯いけそうです。食後で「塩ソフトクリーム」かと思いましたが、皆さんの反応が「えっ!?」だったため自粛。前回食べたからいいか。


食後の運動タイム。初心者向きの「しまなみ海道」ですが、橋を渡るたびにえっちらおっちらと上る必要があるので、案外疲れますね。


実は、まだ強風なんです。見事に台風の位置が分かるような風向き。


運動タイム後は、手造りジェラート「ドルチェ」で一休み。塩とミカンをチョイスしましたが、もしかしたら前回と全く同じだったかも。


おやじ4人衆の集合写真。元気なアラフィフ軍団。ここでフジタさんはUターンして今治に戻られるのですが、ここから今治まで50kmくらいありそうです。お気をつけて。


16時45分、本日のゴール! 一日中向かい風で疲れましたが、待望の「晴天のしまなみ海道」を走ることができて良かったです。kantaさんの晴れ魔神伝説はこれからも続きそうですね。


尾道駅には「自転車組立場」があるんですね。人通りがある駅前で作業されるのも邪魔ですから、このようなスペースを用意するというのは「Win-Winの関係」というやつでしょうか。駅によっては駅前に警備員が張り付いていて、輪行の作業をしようとした途端に苦情を言ってくるところもありますので、尾道駅の取り組みは良いと思います。


がくさん、お疲れ様でした。


事前に知らされていたわけでもなく宿の晩飯は20時からとフロントに聞かされちょっと哀しい気分。とりあえず食前だけど「しまなみ海道に乾杯!」。


くまモンのライバル「バリィさん」。

チェックインの時にダメ元で「食事の時間を早くできませんか?」とお願いした効果なのか、なんと7時過ぎに「用意ができました」と連絡あり。


いただきます。メインは「金目鯛」でしょうか。

今夜の宿泊代は、ちょっと高めの7980円なり。「尾道」価格でプラス1000円といったところでしょうか。




関連エントリー