ガンバ冒険をイメージしながら「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」を読む

シリーズもののDVDを買ってもすぐに観る割合は非常に低く、中には買ってから数年間放置どころか未だに観ていないものがたくさんあり、単なるコレクションみたいに溜まっていきます。

「ガンバの冒険 COMPLETE DVD BOOK」に関しては、DVD3枚で全26話観ることができるので、低コスト省スペースで「とりあえず買っておくか」の場合はとても助かります。

この手の企画ものDVDとしては放置せずに第1巻、第2巻とも観ました。

第1巻

第1話 冒険だ海へ出よう!
第2話 ガンバ、船で大暴れ
第3話 忠太を救え! 大作戦
第4話 嵐にやられてメッタメタ
第5話 なにが飛び出す? 軍艦島
第6話 たのしいたのしい潜水艦
第7話 ぶきみなぶきみな黒い影
第8話 ボーボが初めて恋をした
第9話 黒ギツネとの苦しい戦い

第2巻

第10話 かじって別れた七つのイカダ
第11話 ぺてん師トラゴローを追え!
第12話 祭りだ喧嘩だ大騒動
第13話 特訓!! モーモー大作戦
第14話 襲いかかる猟犬の群れ
第15話 鷹にさらわれたガンバ
第16話 鷹のカラス岳を登れ!
第17話 走れ走れノロイは近い
第18話 奇妙なふとったネズミたち

1話の終盤で冒険に出発している割には18話まで行っても、まだノロイ島に到着していません。全26話という尺を稼ぐためにオプションを大量に投入しているためですが…

「ガンバの冒険 COMPLETE DVD BOOK」の第3巻が届く前に原作本を読み終えました。


冒険者たち ガンバと15ひきの仲間/斎藤惇夫

「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」は児童文学書ですが、アニメ「ガンバの冒険」を観た世代なら大人でも間違いなく楽しめる作品です。

アニメの「ノロイ島」は原作では「夢見が島」です。白イタチ「ノロイ」に支配された恐怖の島という印象を与えるためにアニメでは「ノロイ島」と命名したのかもしれません。その「夢見が島」は東京都の「八丈島」のことで、「ネズミ駆除のために島にイタチを持ち込んだ」という実話からこの作品が生まれたわけです。

その「八丈島」には竹芝桟橋から船で10時間20分の距離です。よって、原作では「冒険に出発!」の翌日には島に到着しています。島に到着してからのエピソードをばらばらにして、それぞれを一つの話になるように構成したのがアニメ版です。

ということで、アニメ版を先に観てから原作を読むと情景が頭に浮かんで、ストーリーをさらに楽しむことができるので、「ガンバの冒険」が好きな人は原作本も読んでみましょう。




関連エントリー