映画「ReLIFE リライフ」他2本

映画「ReLIFE リライフ」

主演 : 中川大志、平祐奈

27歳のニートがひょんなことから17歳の高校生として人生をやり直すこととなる青春ラブストーリー。大学院卒業後、新卒として入社した会社を3カ月で自主退職した27歳の海崎新太。コンビニでのバイトの日々を送る海崎の前に、「リライフ研究所」所員を名乗る謎の男が現れた。男は海崎に、薬で見た目だけ若返り、1年間高校生活を送るという実験を持ちかける。半ば自暴自棄になっていた海崎は、被験者になることを承諾。27歳の男が10歳年下の高校生との恋に頭を悩ませ、青春を謳歌する1年間限定の高校生活がスタートする。
映画.com

アニメ版は第1話を観ただけで「そのうち全話観よう」とBD-Rに焼いたまま放置状態ですので、ストーリーがどう進むのか知らずに観たのが正解で、かなり楽しめた作品です。ストーリー云々という面ではあまり捻りは無く単純明快な展開ですが、主演お二人のキャラクターが良い感じで、単純に青春ものとして観ても楽しめる娯楽作品です。

映画「恋は雨上がりのように」

主演 : 小松菜奈、大泉洋

怪我で陸上の夢を絶たれた高校2年生の橘あきらは、偶然入ったファミレスの店長・近藤正己の優しさに触れたことをきっかけに、その店でアルバイトをはじめる。45歳の近藤はあきらより28歳も年上で子持ちのバツイチだったが、あきらは密かに近藤への恋心を募らせていく。ついに思いを抑えきれなくなったあきらは告白するが、近藤は彼女の真っ直ぐな気持ちを受け止めることができず……。
映画.com

アニメ版の第1話を観て妙に気に入り、溜めこむことなく全話放送の翌日に観ました。溜めこまずに観た最近のアニメは「キャプテン翼」と「MIX」くらいですから、「恋は雨上がりのように」の実写版には不安感全開で、DVDを買う決断に至らず先送りしていると、CATVで放送。最近は、予約してまでブルーレイ版を買ってもすぐに観ずに放置していると、その半年後くらいでCATVで放送されてしまう邦画作品が多いので、コレクション目的でなければ「なんだかなぁ」となることが多いです。

で、実写版「恋は雨上がりのように」ですが、小松菜奈さんはこの作品の世界観にあっていて好演です。ただ、ファミレスの店長を演じることができる人がいるのだろうかという作品ですので、大泉洋さんしかいないというキャスティングでしょうか。

シナリオも細かい演出もしっかりしていますが、ラスト少し前の展開は尺の関係なのかあっさり先に進んでしまい、もう少し余韻が欲しいところです。アニメ版を実写化すると外れることが多そうですが、この作品は当たりです。

映画「万引き家族」

こちらもCATVで放送されました。

「三度目の殺人」「海街diary」の是枝裕和監督作品。

主演 : リリー・フランキー

東京の下町。高層マンションの谷間に取り残されたように建つ古い平屋に、家主である初枝の年金を目当てに、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀が暮らしていた。彼らは初枝の年金では足りない生活費を万引きで稼ぐという、社会の底辺にいるような一家だったが、いつも笑いが絶えない日々を送っている。そんなある冬の日、近所の団地の廊下で震えていた幼い女の子を見かねた治が家に連れ帰り、信代が娘として育てることに。そして、ある事件をきっかけに仲の良かった家族はバラバラになっていき、それぞれが抱える秘密や願いが明らかになっていく。
映画.com

それぞれに闇を抱えた登場人物たちの人間関係はストーリーが進むにつれ少しづつ解明されていくのですが、下手すると駄作になってしまうところを名作にしているのは出演者たちの演技力です。出演者たちの細かい演技がとにかく上手いため、難しい演出に破たんがありません。

ただし、家族で観るには覚悟がいるかもしれない作品です。




関連エントリー