寅さんの鉄道旅 お帰り寅さん篇【旅と鉄道増刊】

10年前までは全く興味を持てなかった『男はつらいよ』ですが、「ブロンプトンの旅」のネタに「ロケ地巡り」を加えたことで『男はつらいよ』も良い題材になりましたが、最近は作品そのものに興味を持ち始めました。「寅さんみたいな自由な生き方をしてみたいなぁ」という願望があるからでしょうか。それとも、それ相応の年にならないと『男はつらいよ』の良さが分からないとか。

最近は『男はつらいよ』を旅ネタとして扱う書籍が次々と発売されているようで、すでにいくつか購入済みです。「男はつらいよ お帰り 寅さん」に合わせてさらに発売ラッシュがあったようで、何冊かポチッしてまずはこれが届きました。


寅さんの鉄道旅 お帰り寅さん篇 2020年2月号 【旅と鉄道増刊】

「旅と鉄道」の増刊号ですから鉄道ネタです。

2019年12月27日、いよいよ映画『男はつらいよ』シリーズの最新作となる第50作「男はつらいよ お帰り 寅さん」が公開されます。また、2019年は映画『男はつらいよ』シリーズの第1作から数えてちょうど50周年の節目の年になります。そこでこれまで2回に渡って発刊してきた『旅と鉄道』増刊号の「寅さんの鉄道旅」の第3弾「寅さんの鉄道旅 お帰り 寅さん篇」を発刊。最新作「男はつらいよ お帰り 寅さん」の世界をはじめ、『男はつらいよ』シリーズの鉄道名場面などを振り返る1冊です。


【目次】
・寅次郎50年目の汽車旅
・寅さんと笑い、怒り、泣いた人々
・寅さんサミット2019 in 柴又 映画『男はつらいよ』公開50周年 特別座談会
・鉄道名シーン
・新作「お帰り 寅さん篇」のために見直したい鉄道シーン
・第44作「寅次郎の告白」の舞台へ
・「柴又慕情」から「拝啓寅次郎様」へ
・九州を旅した寅さんの足跡
・九州・大分ロケ地探訪
・「男はつらいよ 寅次郎純情詩集」の舞台上田電鉄と別所温泉の旅へ
・『男はつらいよ』シリーズで初めてD51形蒸気機関車が登場した柘植駅へ
・『男はつらいよ』の舞台を歩く 柴又駅から寅さんぽ


■九州を旅した寅さんの足跡
第34作「男はつらいよ 寅次郎真実一路」
第37作「男はつらいよ 幸福の青い鳥」
第28作「男はつらいよ 寅次郎紙風船」
第25作「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」
■九州・大分ロケ地探訪
1.大分県日田の旅 第43作「男はつらいよ 寅次郎の休日」
2.大分県湯平温泉 第30作 男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」

日本全国を旅している寅さんですが、鉄道ネタで攻めるなら九州地区が良さそうですね。




関連エントリー