週刊少年チャンピオン創刊50周年記念「伝説の最終回 昭和版」

「そういえば、この漫画のラストってどうなった?」とどうでも良いことが気になることがあります。そういうオッサン向けなのかアニメの最終回特集のように連載漫画の最終回特集本が発刊されました。

週刊少年チャンピオン 創刊50周年記念 伝説の最終回 昭和版

創刊50周年を迎えた「週刊少年チャンピオン」の歴史を昭和と平成に分けて、それぞれの時代を飾った伝説の名作の最終回を収録。各マンガのとびらページ、最終ページに入る柱などは雑誌をスキャンして雑誌掲載時のまま再現しています。また、雑誌掲載時に4色、2色のカラーだったページもカラーで掲載しています。記事の部分では各マンガのデータ(連載期間、あらすじ、登場人物紹介、発売されたコミックス)を掲載しています。ほかにも各マンガが連載されていた頃の「週刊少年チャンピオン」の表紙とともに当時を振り返る記事を収録しています。

昭和版 収録作品
・ バビル2世
・ ドカベン
・ 魔太郎がくる!!
・ 恐怖新聞
・ キューティーハニー
・ ブラック・ジャック
・ がきデカ
・ エコエコアザラク
・ 750ライダー
・ マカロニほうれん荘
・ らんぽう
・ 熱笑!!花沢高校
・ Let’sダチ公

今さらながら連載を伸ばし伸ばししてきて最後は「なんとなく終わらせた」と「あっさり終わらせた」という作品が多かったようです。最初から「第何話で終わらせる」という構想を立ててストリーを作ればスッキリ終わらせることもできるのでしょうが、続けるのも終わらせるのも出版社側の都合ということでしょうか。

正直言って「買うほどの本では無かった」という内容です。紙質を落として1000円で発売してくれたら良いのにと思います。

それでも「ドカベン」の最終回が分かって良かったです。(※意外なラストです)




関連エントリー