デジカメから自転車へ

個人的な興味対象が「デジカメ」から「自転車」へ変わりつつあります。

過渡期にある製品は魅力満載で、新製品が出るたびにワクワクするものですが、デジカメもそろそろ過渡期を過ぎて熟成期に入っているのかもしれません。これはドップリハマっていた「組み立てPC」と似た傾向にあります。普通のものになってしまうと魅力が薄れて興味対象から外れてしまうのは毎度のことです(ビデオデッキもそうでした)。そして、もうひとつの要因として費やした額も連動しています。いつも200万円を超えたくらいから倦怠期に入り300万円に迫ると「もういいか」という気分になります。

次は「自転車」といっても何も初めてのことではないため、なんだか同じ趣味を繰り返しやっているだけのような気がします。自転車もカメラも中学・高校の時にやっていましたし、PC関係についてはその前身である「電子工作」を小学6年から中学に掛けてやっていましたので、まんま繰り返しです。ということは「自転車」の次に「釣り」が来る可能性は大ですが…

デジカメに関して、計画性も無くあれこれ楽しんできたため、現状は中途半端な状態にあります。まずは携帯向きの薄型カメラを現在持っていません。「初代EXILIM」と「DiMAGE X1」以降は、なんとなくこの手のカメラを購入しても使う頻度は無いだろうと購入対象外としてきました。それからハイエンドコンデジ(高級ぽいコンデジ)も現在持っていません。さっさと手放してしまった「CONTAX Tvs DIGITAL」、悩みながらも手放した「PowerShot G7」、このクラスも「どうしても必要」というわけではないためそれ以降は購入していません。ただし、両クラスとも年に数回程度は「やっぱりあった方がいいかな」と思うことはあります。

23台購入した内、手元に残っているのは…

E-1、E-300、E-510、E-3、30D、S5IS、そして家族用にC-2、TZ1、TZ5の計9台です。

抜けているクラスを埋めるために、先月から検討はしていますが、気分は既に自転車に向かっているため、踏ん切りが付きません。でもこのままでは中途半端です。

ということでオリンパスのマイクロフォーサーズ初号機がデジカメ遊びのラストになりそうです。(ラストついでに携帯向き薄型カメラも買うかも)

ps.

“デジカメ遊び”だけではなく、撮影機材としてもレンズをある程度揃えてしまったから、まあこれ以上踏み込むのは止めておこうと、ある日ふと思いました。

次の段階としては30Dを50Dにチェンジして、5DmarkIIを追加、そして単焦点を数本、Lのズームレンズを数本。いまからそれをやると今まで使ってきた金額と同じだけ掛かります。現時点でゼロからの出発なら計画を建ててムダなく購入していけるでしょうが…

まあ過渡期の時期に楽しめたという思い出とともに、デジカメ遊びを打ち切ったほうが良いんじゃないのかなと決めたわけです。(今後も年に1台程度ならコンデジクラスを買うかもしれませんが)


1つ星 0
読み込み中...


関連エントリー