初めてのふるさと納税パート4「商品券編」

ふるさと納税(得)ガイドを眺め、「ふるさとチョイス」をカチカチしながらあれこれ妄想するのも楽しいものです。

返礼品にもいろいろあって、なかには市町村内にある企業の工業製品を返礼品にしているところもありますが、高額な製品などを見ると「ちょっとそれはやりすぎでは?」と思えたりします。高額な寄付を期待して高額な返礼品を用意というのは本来の趣旨から外れているような。

「ふるさと納税」を楽しんでいるベテランさんは「還元率」を重要視しているようで、ふるさと納税(得)ガイドにもそのことが書かれていました。ただ、食料品の相場の判断は難しいので、あまりこだわっても仕方がないような気がします。

「寄付してもらって品物を贈る」これについて、仮に10000円の寄付で3000円相当の返礼品だとしたら、実質的な寄付金は7000円になるかといえば実際は違いますね。用意されているものは、その市町村で生産されているものだからです。3000円相当のものでも実際は1500~2000円かもしれません。2500円で買い上げたとしても、その企業なり店舗の利益から法人税という形で納められるので、ぐるぐる回って最終的に「ふるさと納税」による収入がどれだけなのか分かりませんね。

少し調べてみると還元率としては「商品券」が一番良いような気がします。その市町村でしか使えない商品券ならば、貰った人はその市町村に行って消費するわけですから、その市町村内で完結します。10000円の寄付で5000円分の商品券を贈っても、商品券はその市町村内で使われるわけですから、その市町村に1万円入ってくることには変わりはありません。家族で訪れた場合は、5000円で収まるとは限らないので、それ以上のお金が入ることになりますね。

ということで、「みえ旅ドライブプラン」を使って伊勢方面へドライブに行きたいという娘のリクエストに絡めて、鳥羽市にポチッしました。


三重県 鳥羽市 ふるさと納税 感謝優待券

ふるさと納税 感謝優待券は鳥羽市の宿泊施設をはじめ、登録のある観光施設やお土産店、飲食店で利用して頂くことができます。

家族3人で5000円では全く足りないため、娘も「ふるさと納税」をするそうです。


1つ星 0
読み込み中...


関連エントリー