一触即発!JGTC2003 VOL.4 Round 7&8

一触即発!JGTC2003 VOL.4 Round 7&8

2003年度JGTCの第7戦“大分県オートポリス”と第8戦“鈴鹿サーキット”が収録された「一触即発!JGTC2003 VOL.4 Round 7&8」を購入。

一触即発!JGTC2003 VOL.4 Round 7&8

毎年「ラスト2」のレースは最終戦に備えての駆け引き合戦になるようです。ポイントランキングでチャンピオンが決まるとはいえ、GT選手権特有の「ウエイトハンディ制」のために年間を通しての駆け引きがあるわけですが、「ラスト2」の駆け引きはちょっと酷いです。昨年の「essoスープラ」は駆け引きに成功してチャンピオン、今年は失敗して「xanavi GT-R」に取られる。ちょっと納得がいかないのは「xanavi GT-R」は一度も優勝していないのに年間チャンピオンを獲得したこと。それから「2台体制チーム」の有利差を最大限に活用した日産ワークスの攻め方は正攻法とはいえ、レースをつまらなくしている。自分のチームの1台をチャンピオンにさせるために、その可能性の無いもう一台がチャンピオン争いしているライバルをプロックするなんて卑怯だぞ。カルソニックもそれに巻き込まれそうになって星野さんが可哀想。それに引き換え、トヨタ陣営は「トヨタ陣営総力を上げてessoを勝たす」なんてことをしなくて、遠慮なくessoを抜き差っていくんだから勝負とはこういうものという感じがして楽しい。昨年はHONDA陣営の駆け引きが面白かったが、今年の日産陣営の駆け引きは微妙。他チームを巻き込んだチャンピオン争いの駆け引きというものはどうかと思います。

DVDの副音声にはドライバーたちの裏話いっぱいの解説が収録されているので1枚で2度楽しめます。




関連エントリー