日本一周セミファイナル7「エピローグ 層雲峡~旭山動物園~旭川空港」

2014年6月28日

北海道遠征第四弾の遠征七日目は、層雲峡から旭川空港までの短い区間をのんびり走りますが、話題の旭山動物園に立ち寄ります。

フライト時刻が14時40分ですので、遅くても14時、余裕を見て13時30分頃には旭川空港に辿りつく必要があるため、最終日は余分なオプションを設定することができません。

七日目のコース → 20140628層雲峡~旭川空港

旭山動物園から旭川空港までは約15km、所要時間としては約1時間となるため、旭山動物園で時間調整となります。


最終日は走行距離が少ないため、朝食バイキングはちょっと少なめにしておきました。


宿を8時5分頃にスタート。層雲峡のダイナミックな景色を眺めながら下り続けます。三国峠からの下りの途中に層雲峡の温泉があるというわけです。つまり、南側でも北側からでも「三国峠」まではひたすら上りです。


「旭川層雲峡自転車道線」の看板があったため、走ってみることにしましたが…


なんと「熊出没注意!」の自転車道です。念のため音楽を鳴らして突き進みますが、クマに遭遇して追いかけられたら逃げ切る自信はありません。

クマが出てきたらどうしようと心配していましたが、何のことはなく数キロで国道に戻ってしまいました。単に余分なことをしただけです。「旭川~層雲峡」の区間は観光バスの往来が多いため、少しでものんびり走るのなら自転車道が良いかもしれません。


しばらく進むと上川町から再び自転車道が現れました。どうやらまだ全線開通というわけではないようです。


さすがに熊注意の看板は無く、とっても快適な自転車道です。


旭川市に突入。旭川市のカントリーサインは「旭橋」。


11時30分ごろに「旭山動物園」に到着。1時間くらい滞在できそうです。


シロクマさんが暑そうです。中に入れてくれって訴えている。


こんなに近くでシロクマを見ることができます。


しかし、昼寝を邪魔されたシロクマは迷惑そうです。


これが有名な!


サービス精神旺盛なゴマアザラシくん。何度も撮っていると目線をくれます。


これが空飛ぶペンギン。なかなかのアイデアです。


1日中何もせずに寝ているライオンはどこの動物園でも同じです。


楽しい時間はあっという間に過ぎ、再び向かい風の中をゴール目指します。旭川空港周辺にはすでにラベンダーが開花していてちょっと得した気分。


13時35分頃にゴール。充実した北海道遠征第4弾でした。

距離 : 77.5km
平均スピード : 21.2km/h
高度上昇量 : 253m
高度下降量 : 714m
タイム : 08:09:21 ~ 13:41:17

おやつ、ドリンク 765
観光 820
土産 865
ANA 326 旭川(14:40) – 名古屋(中部)(16:35) 20,010
中部国際空港 17:45→18:35 東名上郷 1,440

走行距離

  • 女満別空港~斜里 54.0km(298m/318m)
  • 斜里~標津町 137.7km(2030m/2011m)
  • 標津町~根室 174.2km(914m/931m)
  • 根室~釧路 173.8km(1420m/1453m)
  • 釧路~帯広 175.3km(797m/770m)
  • 帯広~層雲峡 126.9km(1378m/766m)
  • 層雲峡~旭川空港 77.5km(253m/714m)

お土産あれこれ




関連エントリー