走行距離が10万キロメートルを超えた

自転車遊びを再開してからの走行距離がようやく100000kmを超えました。2012年から2014年までのペースからすれば、あっという間に100000kmを超えるかと思っていましたが、いろいろあってようやくという感じです。距離を求めて無理に走るということもないため当然といえば当然の結果ですが…


※実走のみ

20000km経過 2011年5月
40000km経過 2012年7月
60000km経過 2013年7月
80000km経過 2014年7月

このペースで行けば遅くても2015年末には100000km達成のはずでした。しかし、2015年4月下旬から7月中旬まで自転車NGになり、ようやく再開となったと思ったら家庭の事情で再び自転車自粛期間に入り、ジテツウをちょこちょこ続ける程度の日々。50歳過ぎると急激に体力が落ちるのか、気温の低下とともに体調不良になりジテツウすら自粛。

そんなこんなでたくさん走ることに飽きていたこともあって、暖かくなっても休日は午前縛りで近場をうろうろする程度。90000kmからの10000kmにまる2年要しました。

自転車車種別の走行距離を見れば、他の人とはちょっと違う自転車遊びをしていることが分かるかもしれません。「ロングライド用の機材の走行距離が少ない」その代わりに「ブロンプトン初号機の走行距離が異常に多い」となっています。

ピーク時に比べて月間の走行距離が20%以下になっていますが、今月末から「ブロンプトンの旅」を再開します。




関連エントリー