アンティーコで三河の藤の花巡り

平地のトレーニングコースの開拓を兼ねて、三河地区の「藤の花」の観賞地を周ることにしました。ただし今日はLSD走行に徹するつもりですが…


矢作川の堤防道路を走って、岡崎公園に到着。


昨年は開花が早かった「五万石ふじ」ですが、今年は通常通りの開花になりそうです。


岡崎公園から渡橋までの区間を新規開拓するためにウロウロしましたが、良いルートが見つからず、単なるタイムロスでした。渡橋から志貴野橋までのトレーニング走行区間は相変わらず風との闘いですが、今日は所要時間19分で走りぬけることができました。その後の米津大橋からは東側の堤防を走りますが、上塚橋、中畑橋、棚尾橋までも風が強いため、ずっと下ハンで走ることになり、心拍数が常に165を越えていて、全くLSD走行などできません。


自宅から1時間50分ほどで三河湾に到着。堤防道路の風に苦しめられましたが、ここまでのアベレージは24.3km/hでした。GIOSアンティーコでも良いペースで走れるものです。5分休憩後、来た道を上塚橋まで戻ります。


上塚橋を渡って、しばらく西へ向かうと碧南市の広藤園に到着です。


ここでは、“みたらし団子”を食べながら藤の花を観賞するのが定番です。(3本で230円)


白い藤の花は見頃になっていますが、紫色の藤の花は来月上旬が見頃かもしれません。


最後にデンパークに立ち寄ります。


池の西側に藤棚があるのですが、手前の1/3程度だけ既に開花している状態です。


藤棚に付きものの熊蜂ですが、まだ数匹程度しか飛び回っていません。見頃時期かどうかは熊蜂の数で分かります。


本日の昼食は「米粉パン」です。


楽しみにしていたチューリップですが、開花時期が早すぎて既に植え替えられていてガッカリです。フローラルプレイスには可愛らしいミニバラ「グリーンランドフォーエバー」がありました。

この後は豊田安城自転車道を北上して帰宅ですが、自転車道では相変わらず走行ペースが上がらないため、トレーニング目的で走るのには適していません。今日は「チャリンコ倶楽部 ダイエットの部」の走行ルートの下見も兼ねていましたが、再検討の余地大いにありといった感じでした。

9時出発、13時35分帰宅。本日の走行距離は約74kmでした(Av23.9km/h)。




関連エントリー