花粉に負けた桜ポタ2019

自転車遊びで桜の季節になれば、2015年までは「ぐるっと200kmちょっとかな」でしたが、それ以降は「ついでにちょっと見ていこうか」レベルです。

今年は、散髪の帰りにぐるっと気まぐれに走ってみるかとなったわけですが…

都合良く散髪屋が某遊歩道の近くにあるため、そのまま遊歩道を北上します。


f/4, 1/1000秒, ISO200, 16mm


f/2, 1/4000秒, ISO200, +0.3露出補正, 16mm

今日の撮影機材は「桜の季節に活躍するはず」という予感がして購入した「SIGMA 16mm F1.4 DC DN」です。

岩津天満宮で「SIGMA 16mm F1.4 DC DN」を再検証』でこのレンズの使い方を把握できているので、今日は札幌&小樽の時のような「????」は一度もありません。


f/2, 1/8000秒, ISO200, 16mm

この桜の季節だけは「豊田安城自転車道」を走る自転車の台数が飛躍的に増えます。今日の僅かの時間だけでも二十台以上見かけました。


f/8, 1/320秒, ISO200, +0.3露出補正, 16mm

自転車を走らせる時間よりも遥かに多い撮影タイム。散髪屋から数キロの距離に1時間以上費やしています。


f/1.4, 1/8000秒, ISO100, 16mm

明るい単焦点レンズですので、こういう場合は絞り開放でカシャ。


f/8, 1/500秒, ISO200, 16mm

水源公園は花見客が非常に多いため桜撮影には不向きです。


f/1.4, 1/8000秒, ISO160, 16mm

クセがある「SIGMA 16mm F1.4 DC DN」には慣れが必要ですが「E-M5 MarkII」との相性は良いです。


f/4, 1/2000秒, ISO200, 16mm

雲一つない青空。

ここからは「水源公園→岡崎城→西尾→安城公園→三連水車」を予定していましたが、鼻炎の薬が効かないほど花粉攻撃にギブアップ。最短コースで自宅を目指します。


f/2, 1/8000秒, ISO160, 16mm

最後に空いていることを期待して近所の池に立ち寄りましたが、残念ながら団体さんが宴会をしていました。今日は絶好の宴会日和ともいえます。

今年の桜ポタは僅か20.5kmでしたが、所要時間は3時間。




関連エントリー