「キャリーミー輪行バッグ」がようやく届いた

5月中旬にポチッしたものがようやく届きました。


リンプロジェクト No.1039 キャリーミー輪行バッグ

もともと「キャリーミー」という超マニアックな自転車専用に加えて、純正品のできが良いということもあって、リンプロジェクトもキャリーミー輪行バッグの生産量が非常に少ないのかもしれません。結果的に流通量が少ないことになり、欲しい人は在庫があれば即決で買うか、次回の生産分を予約注文しておくしかありません。


「袋をかぶせるだけでしょ」という超簡単仕様ではなく、それなりの手順を踏む必要がある点が純正品との違いです。底が分離されている理由は「コロコロ」をするためです。


以前、一時的にブロンプトンで使っていた「OSTRICH ちび輪バッグ」に通ずるめんどくさがあって、ここまでに結構な時間を要します。ベルトをキャリーミーに固定させるという手間が原因ですが、そのような仕様になっている理由は「軽量化」です。


実測で253gです。純正品が約900gらしいので、この差は大きいです。

つまり、軽量な素材が使われているがゆえ、袋部分にベルトを着けるための強度がないのです。

輪行時の手間が2分ほど余分に掛かるかもしれませんが、持ち運び時と走行時の重量を考えれば、リンプロジェクトの袋を選びます。




関連エントリー